電子書籍

Amazon Kindle Unlimitedとは?メリット・デメリットを解説!!

こんにちは。

彩人です。

Amazon Kindle Unlimitedって何かな?

Kindle Unlimitedのメリット・デメリットについて知りたい!

今日はこんな方向けに記事を書いています。

僕は、Kindle Unlimitedを使うこと1年半!

結果、メリット・デメリットがあることを知りました。

今日は、「Kindle Unlimited」について解説しています。

よろしくお願いします。

あやと
あやと
執筆者・彩人プロフィール
・読書ブロガー
・日本大学文理学部卒業
・住野よる作品は全冊読破!

Kindle Unlimitedで読む

Amazon Kindle Unlimitedとは?

まずKindle Unlimited とは読み放題サービスのことです(↓)

  • 月額980円
  • 200万冊が読み放題!
  • 2ヶ月99円のキャンペーン中
  • 1つのアカウントで家族とも共有できる
  • 手持ちのiPhoneやタブレットで読書可能
  • 小説、漫画、雑誌、自己啓発本まで揃っている

こんな感じで、なんと200万冊が読み放題!

なので、本の読み放題サービスのことですね。

ただ、一点注意したい点は、

Kindle本、すべてが読み放題なわけではない

こんな感じで、Kindle本すべてではないこと。

なので、選ばれた作品のみが対象となります。

では、具体的には、どんな本が読めるでしょうか?

次の章で見て行きたいと思います。

Kindle Unlimitedで読める本・まとめ

まず、小説で読み放題の本は、(↓)

  • 人間失格(太宰治)
  • 悪の教典(貴志祐介)
  • 鋼と羊の森(宮下奈都)
  • 宙ごはん(町田そのこ)
  • 死神の精度(伊坂幸太郎)
  • ハンチバック(芥川賞受賞作)
  • 夜は短し歩けよ乙女(森登美彦)
  • オリンピックの身代金(奥田英朗)
  • ゴールデンスランバー(伊坂幸太郎)
  • そして、バトンは渡された(瀬尾まいこ)

こんな感じで、話題作・受賞作までズラリ!

そして、ビジネス書、自己啓発本も揃っていまして、

  • 神メンタル(星渉)
  • お金の大学(両学長)
  • 心配事の9割は起こらない
  • 人を動かす(D.カーネギー)
  • 行動最適化大全(樺沢紫苑)
  • 夢をかなえるゾウ(水野敬也)
  • さおだけ屋はなぜ潰れないのか
  • 失敗の科学(マシュー・サイド)
  • 超健康法(メンタリスト・DaiGo)
  • チーズはどこへ消えた(スペンサー・ジョンソン)

こちらも、ベストセラーがズラリ!

また、掘り出しものも揃っていて、

  • 本屋では見かけない本
  • Kindleのみでの出版本
  • 古本屋でも見かけない本

こんな見たことない本がズラリ!

なので、本をたくさん読まれる方におすすめです。

では、具体的にはどんなメリット、デメリットがあるでしょうか?

こちらも見て行きたいと思います。

>>Kindle Unlimited

※Kindle Unlimitedでは、読める本が毎月変わります。

Kindle Unlimitedおすすめ小説・ミステリー35選!【2024年7月】

こんにちは。 彩人です。 「Kindle Unlimitedで読める小説やミステリーってあるかな?」 今日はこんな方向けに記事を書いています。 僕はKindle Unlimitedの利用歴1年! その ...

続きを見る

Kindle Unlimitedのデメリット【おすすめしない人】

まず、Kindle Unlimitedは万人にはおすすめしません

なぜなら、月額料もかかるし、本も限られているから。

なので、本をあまり読まない方、電子書籍が苦手な方は、ちょっと待て!!

図書館や、古本屋、単品購入という手もあります。

ではその他、どんなデメリットがあるでしょうか?

こちらも見て行きたいと思います。

僕があえてKindle Unlimitedをおすすめしない理由は5つ!

こんにちは。 彩人です。 「Kindle Unlimitedあえておすすめしない人、いる?」 今日はこんな方向けに記事を書いています。 僕はKindle Unlimitedで毎日読書! そんな僕もあえ ...

続きを見る

Kindle Unlimitedデメリット①月額980円かかる

1つ目のデメリットは、月980円かかること、です。

なぜなら、980円だと本1冊買えるから。

なので、月額料金が発生してしまうことがデメリット。

ただ、安く利用する方法もありまして、

  • 使う月だけ契約
  • 何度もキャンペーンを使う

こんな感じで、ちょっとした裏技も。

なので、本を2冊以上読まれる方におすすめです。

Kindle Unlimitedを安く利用する方法2選!【損をしない使い方】

こんにちは。 彩人です。 「Kindle Unlimitedを安く利用する方法はあるかな?」 今日はこんな方向けに記事を書いています。 僕はKindle Unlimitedを安く利用すること半年! そ ...

続きを見る

Kindle Unlimitedデメリット②たくさんありすぎる

また、たくさんあり過ぎるのもデメリットです。

なぜなら、Kindle Unlimitedには、読みたい本がゴロゴロあるから。

なので、時間を奪われてしまうのも欠点。

というわけで、

  • 早く読める
  • 時間がある

こんな方におすすめです。

Kindle Unlimitedデメリット③目が疲れる、慣れない

目が疲れること、初めは慣れないこともデメリットです。

なぜなら、電子書籍端末で読むから。

例えば、パソコンを見続けると目がチカチカしますよね。

それと同じで、Kindleも目が疲れることがデメリット。

ちなみに「解消法」はこちらにまとめています(↓)

本を読む&読書が疲れる原因は5つ!【しんどい読書はこう解決しよう】

こんにちは。 彩人です。 「読書って疲れるけど対策はあるのかな?」 今日はこんな方向けに記事を書いています。 僕は読書がしんどいと思える期間が数年。 その結果、「これが原因だ!」ということがわかりまし ...

続きを見る

Kindle Unlimitedのメリット【おすすめできる人】

では、おすすめ出来る方は、どんな人でしょうか?

こちらは、

  • 読書が好きな方
  • 月に2〜3冊以上読まれる方
  • 違うジャンルを開拓したい方
  • 月の書籍代が1000円以上の方

こんな感じで、読書が好きな方。

なぜなら、本がたくさん揃っているから。

なので、定額で読書されたい方におすすめです。

では、具体的にはどういったことでしょうか?

こちらも見て行きたいと思います。

>>Kindle Unlimited

Kindle Unlimitedをおすすめする人①読書が好きな方

まず、おすすめする人は、読書が好きな方。

なぜなら、普通に、おすすめだから。

例えば、

  • 直木賞受賞作
  • 芥川賞受賞作
  • ベストセラー

こんな話題本がズラリ!

それも、毎月、入れ替わるんです!

僕も、めっちゃハマってまして、月初めには、毎回ブログを更新するほど。

なので読書が好きな方におすすめ、です。

Kindle Unlimitedをおすすめする人②月に2〜3冊読めれる方

また、月に2〜3冊読まれる方にもおすすめです。

なぜなら、本を買うより安いから。

例えば、先ほどの「ハンチバック(芥川賞)」だと、1430円。

また、ビジネス書もどれも1500円はしますよね。

なので、月に2〜3冊読まれる方におすすめです。

Kindle Unlimitedをおすすめする人③違うジャンルを開拓したい方

それから、違うジャンルを開拓したい方にもおすすめです。

なぜなら、

  • 小説
  • 哲学
  • 雑誌
  • 実用書
  • 専門書
  • 人文社会
  • ビジネス書
  • ベストセラー

と、あらゆるジャンルが揃っているから。

実際、僕も読書ジャンルが大幅に変わりました。

なので、違うジャンルを開拓したい方にもおすすめです。

Kindle Unlimitedをおすすめする人④月の書籍代が1000円以上の方

最後のおすすめな人は、月の書籍代が1000円以上の方。

なぜなら、月額料980円だから。

なので、書籍代が1000円以上の方におすすめ!

僕も、月に1000〜3000円かけていたのですが、半分ほどに減少。

本にほぼお金をかけなくなりました。

なので、書籍代が月1000円以上の方にもおすすめです。

Kindle Unlimitedで読む

Kindle Unlimitedメリット・デメリットまとめ

いかがでしたか?

今日はKindle Unlimitedのメリット・デメリットについてまとめてみました。

ちなみにKindle Unlimitedは現在、キャンペーン中!!

Kindle Unlimited 2ヶ月99円セールはいつまで?【2024年最新!】

こんにちは。 彩人です。 「Kindle Unlimitedの2ヶ月99円って、いつまでかな?」 今日はこんな方向けに記事を書いています。 2023年1月11日までだった2ヶ月99円キャンペーン。 実 ...

続きを見る

良かったらこちらもよろしくお願いします。

ではまた。

プロモーション

-電子書籍