おすすめ本

何度も読み返す本10選!!【つい読み返してしまうコスパの良い本】

こんにちは。

彩人です。

何度も読み返せる本が知りたい…!

今日はこんな方向けに記事を書いています。

僕の年間読書量は150〜200冊!

その中でも「リピート確実な本」をご紹介しています。

よろしくお願いします。

あやと
あやと
執筆者・彩人プロフィール
・読書ブロガー
・日本大学文理学部卒業
・年間読書量は150〜200冊!

何度も読み返す本【小説編】

①風の歌を聴け(村上春樹)


1冊目の読み返せる本は「風の歌を聴け」です。

こちらはこんな作品となっています。

  •  短い(168ページ)
  • 群像新人賞受賞
  • 村上春樹のデビュー作
  • 2005年現在、185万部突破
  • 芥川賞、野間文芸新人賞候補作

こんな感じで、村上春樹のデビュー作。

もう、30〜50回以上、読み返しています(↓)

「あらゆるものは通り過ぎる。誰にもそれを捉えることはできない。僕たちはそんな風に生きている」1970年8月、帰省した海辺の街。大学生の〈僕〉は、行きつけのバーで地元の友人〈鼠〉と語り明かし、女の子と知り合い、そして夏の終わりを迎える。過ぎ去りつつある青春の残照を鋭敏にとらえ群像新人賞を受賞した、村上春樹のデビュー作にして「初期三部作」第一作。

Amazon.co.jpより引用

こんな感じで、解釈が変わるのがマル!

コスパの良い小説からお探しの方におすすめです。

【僕はこう読んだ!】村上春樹「風の歌を聴け」【新解釈&考察!】

こんにちは。 あやとです。 「村上春樹の『風の歌を聴け』よくわからなかったな〜」 今日はこんな方向けにブログを書いています。 僕は年間読書量150冊の1/3を村上春樹。 ・村上春樹は何を言っている?( ...

続きを見る

②ねむり(村上春樹)


2冊目の本は村上春樹「ねむり」。

こちらも20回以上読み返しています(↓)

  • 初出:文藝春秋「文學界」(1989年11月号)
  • 収録:文春文庫「TVピープル」
  • 挿絵あり、新潮社版:「ねむり」
  • 英訳:雑誌「ニューヨーカ」1992年3月30日掲載

こんな感じで、35年ほど前に書かれた作品。

ところが、もうめっちゃ深いんです(↓)

ある日の午後、私は図書館に行って、眠りについての本を読んでみた。(中略)

ある本に面白いことが書いてあった。人間は思考においても肉体の行動においても、一定の個人的傾向から決して逃れることはできないと、その著者は述べていた。(中略)そして眠りこそが傾向のかたよりをーー靴の踵の片減りのようなものだと著者は書いていたーー中和するのである。

村上春樹「ねむり」P 63より引用

こんな感じで、考えさせられる内容がマル!

また、他にも(↓)

『無感動に機械的に続けている家事作業』は『ただの決まった道すじ』で『同じような体の動かし方の傾向に過ぎない』(村上春樹「ねむり」P 64より引用)

こんな、名言もズラリ!

短編小説からお探しの方におすすめです。

村上春樹「ねむり」徹底考察&解釈&感想【結末までしっかり解説!】

こんにちは。 彩人です。 「村上春樹『ねむり』の解説が知りたい!」 「村上春樹『ねむり』の結末はどうなったんだろう?」 今日はこんな方向けに記事を書いています。 僕は年間読書量の1/3が村上春樹。 そ ...

続きを見る

③秘密(東野圭吾)


3冊目の読み返せる本は東野圭吾「秘密」。

こちらも忘れたころに読み返します(↓)

  • 第120回直木賞候補
  • 日本推理作家協会賞受賞
  • 1999年、映画化
  • 2007年、リメイク版映画がアメリカとフランスにて公開
  • 2010年、テレビドラマ化

こちらは、東野圭吾には珍しい恋愛ミステリー。

しかし、なぜか読み返したくなるんです(↓)

運命は、愛する人を二度奪っていく。
自動車部品メーカーで働く39歳の杉田平介は妻・直子と小学5年生の娘・藻奈美と暮らしていた。長野の実家に行く妻と娘を乗せたスキーバスが崖から転落してしまう。 妻の葬儀の夜、意識を取り戻した娘の体に宿っていたのは、死んだはずの妻だった。 その日から杉田家の切なく奇妙な“秘密"の生活が始まった。 外見は小学生ながら今までどおり家事をこなす妻は、やがて藻奈美の代わりに 新しい人生を送りたいと決意し、私立中学を受験、その後は医学部を目指して共学の高校を受験する。年頃になった彼女の周囲には男性の影がちらつき、 平介は妻であって娘でもある彼女への関係に苦しむようになる。

こんな感じで、泣けるのがマル!

感涙小説からお探しの方におすすめです。

④殺し屋シリーズ(伊坂幸太郎)


4冊目の読み返す本は「殺し屋シリーズ」。

こちらはシリーズ作品となっています(↓)

  • グラスホッパー
  • マリアビートル
  • AX
  • 777-トリプルセブン-

こんな感じで、4シリーズから構成!

  • 伏線
  • うんちく
  • ストーリー

こんな感じで、すべて、マル!

Kindle Unlimitedで時どき読み返します。

シリーズ作品からお探しの方におすすめです。

何度も読み返す本【ビジネス書編】

①思考は現実化する(ナポレオン・ヒル)


ビジネス書の読み返せる本は「思考は現実化する」。

こちらはヒル博士の本となっています(↓)

  • 375+397ページ(上下巻)
  • 1937年刊行
  • きこ書房刊

鉄鋼王カーネギーから「わたしと、他の成功者の成功哲学をまとめてほしい」と頼まれた著者が、成功者たちの哲学をまとめた本。

  • リーダーになるための11の重要な条件
  • 失敗を招く30の原因
  • 実践的な計画作りに必要な4つの原則
  • 「思考」があなたを変える
  • 思考は似たような思考を引き寄せる

こんなことが書かれています。

成功哲学の本は、たくさんありますが、この1冊でお腹いっぱい。

なぜならあらゆる成功法則盛りだくさんだからです。

成功哲学の本からお探しの方におすすめです!

②ありがとうの神様(小林正観)


2冊目の本は「ありがとうの神様」です。

こちらはこんな作品となっています(↓)

  • 2015年刊
  • 全364ページ
  • 1760円(税込)
  • ダイヤモンド社出版
  • 62歳で亡くなられた小林正観さんのベストメッセージ集

こんな感じで正観さんイチのベストセラー!

「ありがとうだけで病気も回復する!」と話題になりました。

感謝の本からお探しの方におすすめです。

③影響力の武器(ロバート・B・チャルディーニ)


3冊目の読み返すビジネス書は「影響力の武器」。

こちらはDaiGoさんおすすめの本となっています(↓)

社会で騙されたり丸め込まれたりしないために、私たちはどう身を守れば良いのか? ずるい相手が仕掛けてくる“弱味を突く戦略”の神髄をユーモラスに描いた、世界でロングセラーを続ける社会心理学の名著。待望の第三版は新訳でより一層読みやすくなった。楽しく読めるマンガを追加し、参考事例も大幅に増量。ネット時代の密かな広告戦略や学校無差別テロの原因など、社会を動かす力の秘密も体系的に理解できる。

「影響力の武器」はメンタリストDaiGoイチオシの本。

僕も読んでみたのですが、めっちゃ面白い!!(↓)

  • 返報性の法則
  • 理由を添えるとお願いが通りやすい

などなど、こんな方法あったんかーぃ!という内容。

DaiGoさんイチオシの本からお探しの方におすすめです。

④怒らないこと(アルボムッレ・スマナサーラ)


4冊目の読み返す本は「怒らないこと」です。

こちらはこんな作品となっています(↓)

  • アメトークで取り上げられる
  • 「怒り」をマネージメントする1冊

こちらはお坊さんが「怒らない技術」を解説!

こちらは仏教と怒りを解説しています(↓)

  • 「私は正しい」と思うから怒る
  • いちばん強烈な罰、それは無視
  • 怒りではなく「問題」をとらえる

こんな感じで、お坊さんが解説しているのがマル!

こういう本は、時どき読み返したいですね。

「怒り」を抑えたいという方におすすめです。

何度も読み返す本【エッセイ、その他】

①もものかんづめ(さくらももこ)


エッセイで読み返す本は、さくらももこ「もものかんづめ」です。

こちらはこんな作品となっています(↓)

水虫といえばたいがいオッサンの持病であり、それにかかると脂足甚だしい異臭を放ち、その靴および靴下は、家族の間では汚物とみなされるという恐ろしい病気である。

そんな大変な病気に、私は16の夏、冒されてしまった。

さくらももこ「もものかんづめ」P8より引用

こんな感じで冒頭から笑わせる力はさすが…!

発行部数は100万部超え、話題となりました。

腹の底から笑いたいという方におすすめです。

②富と成功をもたらす7つの法則(ディーパック・チョプラ)


最後の読み返す本は「富と成功をもたらす7つの法則」。

こちらはスピリチュアル本となっています(↓)

目標を実現する力をもち、愛と思いやりに満ちた人生を送ることが真の「成功」。政治家やアーティストら多くのセレブに支持されるチョプラ博士が、成功を導く7つの法則について書いた名著、待望の文庫化!

こんな感じで、成功法則を解説した1冊!

例えば、

  • 与えると返ってくる
  • 1%の努力で成功する

など、世の中の法則7つを解説!

怪しい内容ですが、レディガガからクリントンまで読むそう。

スピリチュアルの本からお探しの方におすすめです。

まとめ

いかがでしたか?

今日は、何度も読み返す本というテーマで書いてみました。

ちなみに「本を読まない方向け」の本はこちら(↓)

本を読まない人&本が苦手な人におすすめな小説33選!【嬉しい一冊】

こんにちは。 彩人です。 「本を読まない人におすすめの小説ってあるかな?」 「本が苦手な人におすすめの小説って何だろう?」 今日は、こんな方向けに記事を書いています。 僕の読書量は年間100〜150冊 ...

続きを見る

良かったらこちらもよろしくお願いします。

ではまた。

プロモーション

-おすすめ本