その他

ブログ1000文字ってどれくらい?【ピッタリのブログ作ってみた!】

こんにちは。

あやとです。

ブログ1000文字ってどれくらいなんだろう?

今日はこんな方向けに記事を書いています。

こちらは1000文字ピッタリのブログ!

かかった時間から、1000文字のアクセス数まで検証しています。

よろしくお願いします。

あやと
執筆者・あやとプロフィール
・読書ブロガー
・日本大学文理学部卒業
・ブログ歴まもなく1年!

ブログ1000文字はどれくらい?このくらいしか書けまました!

実際、1000文字ってどのくらいの長さなのでしょうか?

1000文字ブログの意義と共に検証しています。

1000文字ブログについては、こんなことが言えます(↓)

  • 上位は狙える
  • ただし稼げない!

実際、僕の下記の記事は766字でGoogle1位。

ハイセンスなダジャレ20選!【配線争いに敗戦っす!】

こんにちわーーーっ!!! 今日はあやとがハイセンスダジャレをお送りするよ! ハイセンスギャグに完敗! 敗戦っす! ありがとうございました。 ハイセンスじゃなかったら、遠慮なく「戻る」ボタン押してくれよ ...

続きを見る

ただし、ここから発生している収入は0〜2円です。

こんなことから1000文字のブログを書いてもほとんど意味はなさそうです。

また「おにちゃん塾」というサイトでも、こう解説されています(↓)

結論から言うと、読者が有名人ではない限り1000文字では稼げません
なぜなら、1000文字以下ではSEO上位を獲得することができないからです。
現在、検索上位を獲得するためには『コンテンツの質×権威性』などが必要です。
ですので、1000文字以下の記事を書くのは今日をもってやめましょう。

おにちゃん塾「ブログ1000文字以下では稼げない」より引用

どうやらSEO的に上位表示は厳しそう。

また「ブログSEOの教科書」でもこんなことが言われています(↓)


(SEO評価を下げる理由は)「記事の文字数が極端に少ない」という問題です。

キーワードで上位表示しているブログを観察すると、ほとんどのケースで、簡単な意味の説明のページでも800文字以上書かれています。少し詳しくなると、1200文字から数千字は書かれています。つまり、ブログ記事の文字数は最低でも800文字から数千字は書くようにしてください。

「ブログSEOの教科書」P 78より引用

こんな感じでSEO教本でも、少ない文字数は良しとされていません。

まとめ

このブログのまとめ

  • ブログ1000文字では稼げない
  • ただし1000文字で検索上位表示は可能

ちなみに1000文字書くまでにかかった時間は、

  • 構成:20分
  • 執筆:50分
  • 推敲:60分

でした。

参考になれば幸いです。

ではまた。

※文字調整のため追記(この文字数分だけ余りました→※※※※※※※※※※)

スポンサーリンク

人気記事はこちら

1

こんにちは。 あやとです。 「村上春樹作品の売り上げや発行部数ってどのくらいなんだろう?」 今日はこんな方向けに記事を書いています。 村上春樹作品は700作品以上あるとされます。 その中でどれが一番売 ...

2

こんにちは。 彩人です。 「40代におすすめの自己啓発本ってあるのかな?」 今日は、こんな方向けに記事を書いています。 実は僕もちょうど40代。 読書ブロガーとしてたくさんの自己啓発本も読んできました ...

3

こんにちは。 彩人です。 「本を1円でも高く売る方法ってあるかな?」 今日はこんな方向けに記事を書いています。 僕は過去500冊以上の本の処分。 そんな僕が解説しています。 よろしくお願いします。 あ ...

-その他

© 2021 あやとブログ Powered by AFFINGER5