その他

【遺影は知らないと損する!】遺影写真の加工と値段

こんにちは。

あやとです。

実はあやとブログに広告の掲載依頼がきました。

今日はそのご紹介です。

掲載依頼をいただいたのは遺影加工のスマイル様。

実は僕も今年(2020年)1月、祖母を亡くしました。

その時は残念ながらスマイルさんの遺影ではなかったのですが、

  • 葬儀会社に一任
  • 日数も数日かかる

こんなことを覚えています。

でも知っていましたか?

遺影写真の加工はスマイルさんなら、一枚2000円。

しかも当日中に仕上がります。

こんな感じの会社様です↓

遺影写真基礎知識〜遺影とは?〜

遺影写真とは?

結論から言うと葬儀で使用する故人写真のことを言います。

葬儀中は故人の顔を思い浮かべながらお見送りするもの。

四十九日が終了するまでは祭壇に飾り、その後は仏壇に飾る人が多いですよね。

葬儀から仏壇写真まで広く使われるわりには作る時間は少ないとされます。

そんな遺影選びに失敗しないためにも、きちんとした業者さんにお願いしたいです。

遺影写真はどう作る?作成〜加工、値段まで

遺影の写真には3パターンのあります。

生前に撮影する

これは、良く聞きますよね?

自分の納得いく姿で、納得いく物を残しておくというパターンです。

でもこちらは意外と高くて葬儀屋さんでやった場合、25000円〜30000円くらい。

街の写真屋さんでやるともう少し安くて10000円前後というところが多いようです。

またそこまでしなくても最近ではスマホで撮るという方もいるようです。

生前撮影の場合、自分で髪型から服装まで選べるのがポイント。

生きてる時に撮影するという抵抗感がなければありですよね。

自分で制作する〜アプリや修正ソフトなど〜

今は、アプリやパソコンソフトで写真を加工することもできます。

専門家でなくても誰でも気軽にできることがポイント。

手持ちのスマホデータや写真を自宅にいながら遺影に加工できます。

意外と知らなかった方も多いのではないでしょうか?

既存の写真を加工、修正する

これがポピュラーで一般的なパターンです。

亡くなった後、集合写真やスナップ写真から加工するというパターン。

  • 必要な部分を切り取り
  • 部分修正、あるいは追加

もできます。

値段は、葬儀社に頼むと5000円〜7000円くらいかかります。

僕のおばあちゃんの時も葬儀の時「どこか懇意にしている写真館さんありますか?なければウチで承ります」と言われました。

でも正直、何も知らず5000円〜7000円を葬儀社に払うのはもったなくないですか?

僕がオススメしているスマイルさんなら、2000円で加工。

しかもポイントは

  • 短時間で高品質
  • データ加工から写真配送まで可能
  • 当日中に加工が終わる(遅い場合は翌日)

こんな感じです。

いいことづくめです。

遺影写真の選び方

遺影が必要になる時は、正直、誰にもわかりません。

亡くなってから数日で遺影を準備してくれと言われても難航する人が多いそうです。

葬儀社でも意外と苦労するんだとか。

ではそんな時どんな写真を準備すればいいのでしょうか?

よければ参考にしてみてください♪

故人らしさが一番大切

遺影選びのポイントは

  • 見ただけで故人の生前が偲ばれる
  • 見ただけで故人の人柄が伝わる

ことだと言われます。

例えば優しい人であれば「笑顔」「穏やか」な写真。

逆に真面目な方であれば「真剣な表情」をした写真を選びます。

どんな人柄であったのか家族で話し合って決めるのが一番いいです。

カメラ目線である

カメラ目線であることも重要です。

というのもお別れの時、故人とお話しできた気持ちになるからです。

またこういった理由からピンボケ写真を選ばないのもポイント。

多くの弔問客にしっかりとお別れの気持ちを持ってもらいましょう。

200万画素以上の写真である

最近のスマホはほぼ問題ないと思いますが、画素数の低いデジカメなどの写真は要注意。

鮮明な写真を選びましょう。

まとめ

いかがでしたか?

今日は、遺影について書いてみました。

僕はステマが嫌いです。

今のところ広告依頼がその後2件ほどきていますが、全てお断りさせていただいています。

でもスマイルさんなら知っておいて損はないと考えました。

僕も遺影写真の加工だけで5000円から7000円もかかるとは知りませんでした。

もちろん、自分で加工もできますが、大事な遺影くらいはプロに任せたいところ。

こんな観点からスマイルさんをご紹介させていただきました。

僕も次に万一のことがあったらお願いするつもりです。

ステマではないので僕のサイト経由でなくて構いません。

また今、必要ないという方も多いかもしれませんが、こんな写真加工会社さんがあると知っておくだけで知識です。

ではまた。

スポンサーリンク

人気記事はこちら

1

こんにちは。 あやとです。 「村上春樹作品の売り上げや発行部数ってどのくらいなんだろう?」 今日はこんな方向けに記事を書いています。 村上春樹作品は700作品以上あるとされます。 その中でどれが一番売 ...

2

こんにちは。 彩人です。 「40代におすすめの自己啓発本ってあるのかな?」 今日は、こんな方向けに記事を書いています。 実は僕もちょうど40代。 読書ブロガーとしてたくさんの自己啓発本も読んできました ...

3

こんにちは。 彩人です。 「本を1円でも高く売る方法ってあるかな?」 今日はこんな方向けに記事を書いています。 僕は過去500冊以上の本の処分。 そんな僕が解説しています。 よろしくお願いします。 あ ...

-その他

© 2021 あやとブログ Powered by AFFINGER5