村上春樹

村上春樹「猫を棄てる」の書評とあらすじ、感想、考察【ネタバレ有】

こんにちは。

彩人です。

村上春樹の『猫を棄てる』のあらすじや感想ってどんなものだろう?

今日はこんな方向けに記事を書いています。

・あらすじ

・全体的な感想と書評

こんなことを中心に書いています。

よろしくお願いします。

あやと
著者・あやとプロフィール
・読書ブロガー
・日本大学文理学部卒業
・年間読書量の1/3が村上春樹

ネタバレ注意!村上春樹「猫を棄てる」大まかなあらすじ・書評


猫を棄てる 父親について語るとき (文春e-book)

まず「猫を棄てる」は次の6つの構成から成り立ちます。

  • 父親とのエピソード
  • 父親の出自(お寺に生まれたこと)
  • 父親の趣味・短歌
  • 父親と戦争
  •  村上春樹の幼少期・母親のこと
  • まとめ(あとがき)

100ページ余りにわたって、上記が記載。

主に自分の育った家庭について書かれています。

以下、ネタバレしながら内容を見ていきたいと思います。

よろしくお願いします。

ネタバレ注意!村上春樹「猫を棄てる」詳しいあらすじ・書評

父親との間で一番思い出に残っているエピソード

お父様との間に一番思い出に残っている思い出は「猫を棄てる」思い出でした。

当時、何らかの理由で飼いきれなくなった猫。

それを海まで棄てに行くというエピソードでした。

家族旅行や誕生会の思い出ではなく、猫を棄てる思い出。

少し変わったエピソードですよね。

父親の出自のこと

家柄は平凡だったそうです。

なぜならお父様のご実家は京都のお寺さん。

有名なお寺ではなく、一般的なお寺さんでした。

そこから家を継がず、暮らしていたことが綴られています。

住職だったのは、少し意外でした。

父親の趣味・俳句について

またお父様の趣味は俳句

俳句雑誌にも記載される腕前だったと言います(↓)。

『鳥渡るあああの先に故郷がある』

『兵にして僧なり月に合掌す』

(「猫を棄てる〜父親について語るとき〜」P44より引用)

素人目線ですが、こちらも「平凡」という印象。

むしろ村上春樹の短歌の方が印象に残る気がします(↓)。

午後をとおし / この振りしきる / 雨にまぎれ

名もなき斧が / たそがれを斬首

村上春樹「一人称単数」より引用

ちなみに村上春樹の短歌は「一人称単数」に掲載されています(↓)


一人称単数 (文春e-book)

村上さんの短歌は、他にも数句収録されています。

気になる方は、手に取ってみてください。

父親と戦争について

父親の戦争についての記載もあります。

中国へ派兵されたそうで、部隊名から派兵年までが詳しく語られています。

南京攻略に関わったのでは…と心配されていましたが、関わっていなさそうでした。

こちらはかなりページを割いて記載がされています。

村上春樹の幼少期のこと

ラストになるとご自身とお母様のことも語られています。

お母様はそこそこの人気教師。

教え子に田辺聖子がいたことが明かされています。

また自身の学業成績についても触れられます。

村上春樹はそこそこの成績を取っていたものの、学業は不得手だったそう。

そしてそんなことをご両親は快く思っていなかったことが綴られています。

こちらもなんだか意外な感じがしました。

全体的なまとめとして

ちなみに村上春樹が言いたかったことは一つだとされます。

該当箇所を抜粋すると…

いずれにせよ、僕がこの個人的な文章において一番語りたかったのは、ただひとつのことでしかない。ただひとつの当たり前の事実だ。それは、この僕はひとりの平凡な人間の、ひとりの平凡な息子にすぎないという事実だ。

(「猫を棄てる〜父親について語るとき〜」P94より引用)

この本の中で語りたかったことはただ一つ。

この僕はひとりの平凡な人間の、ひとりの平凡な息子にすぎない

ここが本のポイントといえそうです。

村上春樹は著書「職業としての小説家」でもこちらを強調しています。

そんなに大した作家ではないことの強調に感じました。

作者村上春樹は平凡な家庭で育った平凡な息子

これを改めて伝えたかったのかもしれません。

またあとがきではこんなことが書いています(↓)。

僕がこの文章で書きたかったことのひとつは、戦争というものが一人の人間ーごく当たり前の名もなき市民だーの生き方や精神をどれほど深く変えてしまえるかということだ。

(「猫を棄てる〜父親について語るとき〜」P 99より引用)

こんな感じで戦争の悲惨さを強調。

戦争の記載が多かったのも一つのメッセージだったのかもしれません。

・平凡な家庭に育ったこと
・軽い反戦的なメッセージ

こんなことを伝えたかったのではないでしょうか。

まとめ

ここまでお読みくださりありがとうございました。

この短編集のテーマは「平凡な家庭」と「戦争」だったように思います。

・お父様
・お母様
・猫
・村上春樹
・戦争に駆り出された市民

こちらが淡々と綴られています。

面白い、つまらないというよりは「へえ、そうなんだ」という印象。

落ち着いた文体で書かれていたのも印象的でした。

また僕は前述の『村上春樹「一人称単数」の考察」』についても書いています。

【村上春樹「一人称単数」】全作品のあらすじ、感想、考察、解説、解釈

こんにちは。 彩人です。 「一人称単数、全作品のあらすじが知りたい…!」 「解釈や考察を書いてあるサイトってあるかな?」 今日は、こんな方向けに記事を書いています。 こちらでは「一人称単数の全作品のあ ...

続きを見る

良かったらこちらもよろしくお願いします。

ではまた。

スポンサーリンク

人気記事はこちら

1

こんにちは。 あやとです。 「村上春樹作品の売り上げや発行部数ってどのくらいなんだろう?」 今日はこんな方向けに記事を書いています。 村上春樹作品は700作品以上あるとされます。 その中でどれが一番売 ...

2

こんにちは。 彩人です。 「40代におすすめの自己啓発本ってあるのかな?」 今日は、こんな方向けに記事を書いています。 実は僕もちょうど40代。 読書ブロガーとしてたくさんの自己啓発本も読んできました ...

3

こんにちは。 彩人です。 「本を1円でも高く売る方法ってあるかな?」 今日はこんな方向けに記事を書いています。 僕は過去500冊以上の本の処分。 そんな僕が本を高く売る方法について解説しています。 よ ...

-村上春樹