読書

村上春樹「ねむり」徹底考察&解釈&感想【結末までしっかり解説!】

こんにちは。

彩人です。

村上春樹『ねむり』の解説が知りたい!

村上春樹『ねむり』の結末はどうなったんだろう?

今日はこんな方向けに記事を書いています。

僕は年間読書量の1/3が村上春樹。

そんな僕がわかりやすく解説しています。

よろしくお願いします。

あやと
著者・彩人プロフィール
・読書ブロガー
・日本大学文理学部卒業
・年間読書の1/3が村上春樹

村上春樹「ねむり」の徹底解説&考察

村上春樹「ねむり」のカンタン・ガイド

まずは「ねむり」の軽いおさらいからです。

  • 初出:文藝春秋「文學界」(1989年11月号)
  • 収録:文春文庫「TVピープル」
  • 挿絵あり、新潮社版:「ねむり」
  • 英訳:雑誌「ニューヨーカ」1992年3月30日掲載

こんな作品となっています。

当ブログは新潮社版「ねむり」をもとに書いています。

よろしくお願いします。


村上春樹「ねむり」

村上春樹「ねむり」の結末は?

「ねむり」は特に結末が気になりました。

今は夜のいちばん深い時刻で、そして男たちは私の車を揺さぶり続けている。彼らは私の車を倒そうとしているのだ。

村上春樹「ねむり」P 87より引用

これ(↑)がラスト2行でした。

17日間も眠れず車を運転。

その車を二人の男に揺さぶられている。。

なんだか不思議な結末でしたよね。

一体これは、何の暗喩だったのでしょうか?

僕は「寝落ち」の暗喩と考えました。

寝落ちである証拠はたくさん出てきます。

  • 17日間眠れない→ありえない
  • 老人が水差しで水をかけてきた→ありえない
  • 眠れない間、「アンナカレーニナ」ばかり読む→夢の中ではありえそう

このように「主人公は寝ていた」と考えればスッキリします。

なので主人公はただ単に夢を見ていた、というのが正解そうです。

そう、タイトル通り「眠っていた」のです!

そしてそれを男二人が起しにきたと考えるのが妥当ではないでしょうか?

男二人とは、もちろん夫と息子。

なぜなら17日間も眠れなかったり、老人に水をかけられるのはありえない(→夢の中)からです。

村上春樹「ねむり」テーマはなんだろう?

えー、じゃぁ、テーマはなんだったんだろう?

寝落ちの話を書きたかったの?

当然、こんな疑問も出てきますよね。

Googleで検索すると「テーマは自分探し」などと出てきます。

でも果たしてそうでしょうか?

僕が考えるテーマは、純粋な「眠りと夢」の考察だと思います。

なぜならそれ以外の話は、出て来ないからです。

実際、村上春樹の「眠り(睡眠)」に対する考察はすごかったです(↓)。

ある日の午後、私は図書館に行って、眠りについての本を読んでみた。(中略)

ある本に面白いことが書いてあった。人間は思考においても肉体の行動においても、一定の個人的傾向から決して逃れることはできないと、その著者は述べていた。(中略)そして眠りこそが傾向のかたよりをーー靴の踵の片減りのようなものだと著者は書いていたーー中和するのである。

村上春樹「ねむり」P 63より引用

また、

『無感動に機械的に続けている家事作業』は『ただの決まった道すじ』で『同じような体の動かし方の傾向に過ぎない』(村上春樹「ねむり」P 64より引用)

とも述べています。

ふ、深い!!

確かに大人になってしまえば、家事をしたり仕事をするのは流れ作業。

その流れ作業のような「傾向の是正」が『眠り』だとします。

すごい考察ですよね。

これらの描写をはじめ、「夢」や「不眠」の描写がたくさん。

仮にテーマが「自分探し」だとすると数々の睡眠描写は不自然です。

僕はタイトル「ねむり」そのものの小説だと感じました。

村上春樹「ねむり」に出てくる老人とは?

ところで作中に出てくる「老人」は何だったのでしょうか?

水差しで水をかけたりと謎でした。

でもこれは、夢の中で旦那に仕返しされた暗喩ではないでしょうか。

 【夫は寝たら絶対起きないタイプ】

・主人公は水差しで夫に水をかけた→夫は起きなかった
・一方、主人公も眠りこけていたので夫(老人)にやり返された→それでも起きなかった

こんな夢の中での出来事だったと考えます。

「人生はその拡大された部分を取り戻そうとするかもしれない」

(村上春樹「ねむり」P 68より引用)

とあるからです。

このことから、

・不眠⇄覚醒→揺り戻しがあるとされる
・夫に水をかけられた→揺り戻しで自分もかけられた

こんな対比になっていると僕は、考えました。

なので老人とは、夫の暗喩だったのではないでしょうか。

まとめ

浅い解説・考察だったらすみません。

でも僕はもう30回以上、「ねむり」を読んでいます。

他のサイトとは異なった考察ですが、自分なりの解釈を書いてみました。

さて。僕は他にも「パン屋再襲撃」などの考察も書いています。

良かったらそちらもよろしくお願いします。

村上春樹「パン屋再襲撃」解釈と考察【初心者でもわかりやすく解説】

こんにちは。 彩人です。 「パン屋再襲撃、よくわからなかったな〜」 「パン屋再襲撃をもっとわかりやすく解説してほしい!」 今日はこんな方向けに記事を書いています。 『パン屋再襲撃』って、 なぜ2回も襲 ...

続きを見る

村上春樹「TVピープル」の考察と徹底解説!【これって意味不明?】

こんにちは。 彩人です。 「村上春樹のTVピープルを考察しているサイトってあるかな…?」 今日はこんな方向けに記事を書いています。 僕は年間読書量の1/3が村上春樹。 そんな僕が考察・解説しています。 ...

続きを見る

ではまた。

スポンサーリンク

人気記事はこちら

1

こんにちは。 あやとです。 「村上春樹作品の売り上げや発行部数ってどのくらいなんだろう?」 今日はこんな方向けに記事を書いています。 村上春樹作品は700作品以上あるとされます。 その中でどれが一番売 ...

2

こんにちは。 彩人です。 「40代におすすめの自己啓発本ってあるのかな?」 今日は、こんな方向けに記事を書いています。 実は僕もちょうど40代。 読書ブロガーとしてたくさんの自己啓発本も読んできました ...

3

こんにちは。 彩人です。 「本を1円でも高く売る方法ってあるかな?」 今日はこんな方向けに記事を書いています。 僕は過去500冊以上の本の処分。 そんな僕が解説しています。 よろしくお願いします。 あ ...

-読書

© 2021 あやとブログ Powered by AFFINGER5