読書

東野圭吾の売り上げ&発行部数ランキング【一番売れている作品は?】

こんにちは。

彩人です。

東野圭吾の発行部数ってどのくらいだろう?」

「東野圭吾の売り上げランキングのサイトってあるのかな?

今日はこんな方向けに記事を書いています。

僕は東野圭吾さんを読んで25年。

そんな僕が東野圭吾さんの売り上げ&発行部数を解説しています。

よろしくお願いします。

あやと
執筆者・彩人プロフィール
・読書ブロガー
・日本大学文理学部卒業
・年間読書量の9割が小説

東野圭吾売り上げ&発行部数ランキング〜第7位〜夜明けの街で


発行部数:200万部(映画公式サイトより)

「夜明けの街で」はこんな作品となっています(↓)

この作品のポイント

  • 2007年、単行本刊行(KADOKAWA)
  • 2011年、角川系列で映画化
  • サザンオールスターズ「LOVE AFFAIR〜秘密のデート」に感化されて描かれた

東野さんにしては珍しい「不倫モノ」。

ちょっと変わった作品を読みたい方にオススメです!

東野圭吾売り上げ&発行部数ランキング〜第6位〜白夜行


発行部数:200万部

こちらはこんな作品となっています(↓)

この作品のポイント

  • 1999年、単行本刊行(集英社)
  • 2005年舞台化
  • 2006年テレビドラマ化
  • 2009年韓国にて映画化
  • 2011年、日本にて映画化
  • 元々は連作短編だったものを、長編として構成し直した作品

舞台化、ドラマ化が4回もあるので、映像で見た方も多いのではないでしょうか?

また864ページと、東野圭吾イチ、長い作品。

とても読み応えある一冊です。

東野圭吾売り上げ&発行部数ランキング〜第5位〜マスカレード・ホテル


発行部数:201万部(オリコン調べ)

こちらはこんな作品となっています(↓)

作品のポイント

  • 2011年、単行本刊行(集英社)
  • 2019年、映画化
  • 2020年、宝塚歌劇団により舞台化
  • 東野圭吾作家生活25周年記念作品
  • モデルは日本橋「ロイヤルパークホテル」

なおこちらは、シリーズものとなっていて、

  • マスカレード・イヴ
  • マスカレード・ナイト

も刊行中。


マスカレード・ナイト (集英社文庫)

シリーズ累計発行部数は350万部(Wikipediaより)だそうです。

重すぎず、軽すぎない作品となっています。

東野圭吾売り上げ&発行部数ランキング〜第4位〜容疑者Xの献身


発行部数:228.5万部

こちらはこんな作品となっています(↓)

作品のポイント

  • 2005年、単行本刊行
  • 直木賞受賞
  • 本格ミステリ大賞受賞
  • エドガー賞候補(米国)
  • 2008年日本にて映画化、2012年韓国で映画化、2017年中国にて映画化
  • このミステリーがすごい2006年1位、週刊文春ミステリー2005年1位

こちらは東野圭吾の最高傑作とも言われるほどの作品。

また世界3ヵ国で映画化されています。

人気が高い作品を読みたい方におすすめです。

東野圭吾売り上げ&発行部数ランキング〜第3位〜ナミヤ雑貨店の奇跡


発行部数:世界1000万部(KADOKAWA発表)

こちらはこんな作品となっています(↓)

作品のポイント

  • 2012年、単行本刊行(KADOKAWA)
  • 2013年と2016年に舞台化
  • 2017年、日本と中国にて映画化
  • 中央公論文芸賞受賞

こちらは特に韓国内で人気が高く、売り上げ120万部を突破。

ちなみに国内では「中央公論文芸賞」を受賞。

国内外で評価が高い作品です。

東野圭吾売り上げ&発行部数ランキング〜2位〜ガリレオシリーズ


発行部数:1000万部(シリーズ累計・ウィキペディアより)

こちらはこんな作品となっています(↓)

作品のポイント

  • 2007年、テレビドラマ化
  • シリーズ累計全9作品
  • シリーズ全てのトリックは、理論的には可能とされている

こちらは作品ではないもののシリーズ累計1000万部突破作品。

ガリレオシリーズが1000万部を突破したとして2019年、ニュースにもなりました(記事はこちら

ちなみにシリーズは以下9作品。

  • 探偵ガリレオ(1998年)
  • 予知夢(2000年)
  • 容疑者Xの献身(2005年)
  • ガリレオの苦悩(2008年)
  • 聖女の救済(2008年)
  • 真夏の方程式(2011年)
  • 虚像の道化師(2012年)
  • 禁断の魔術(2012年)
  • 沈黙のパレード(2018年)

なお「虚像の道化師」に収められている「撃射つ」は大幅改稿の上、文春文庫より発売されています。

東野圭吾売り上げ&発行部数ランキング〜1位〜加賀恭一郎シリーズ


発行部数:1200万部(映画公式サイトより)

こちらはこんな作品となっています(↓)

作品のポイント

  • シリーズ累計売り上げ&発行部数1200万部(映画公式サイトより)
  • 2010年、「新参者・加賀恭一郎」としてドラマ化
  • 2012年、「麒麟の翼」が映画化
  • 2014年、新春スペシャルドラマにて「眠りの森」映像化
  • 2018年、「祈りの幕が下りる時」映画化(シリーズ完結)

シリーズ全10作品。

10作目となる「祈りの幕が下りる時」で完結しています。

  •  卒業(1986年)
  • 眠りの森(1989年)
  • 悪意(1996年)
  • どちらかが彼女を殺した(1996年)
  • 私が彼を殺した(1999年)
  • 嘘をもうひとつだけ(2000年)
  • 赤い指(2006年)
  • 新参者(2009年)
  • 麒麟の翼(2011年)
  • 祈りの幕が下りる時(2013年)

まとめ

いかがでしたか?

東野圭吾の売り上げを知るお役に立ちましたでしょうか?

尚、データがない作品については、記載していません。

もし知っているよ!という方いらっしゃれば、教えていただけると幸いです。

追記します。

ちなみに僕は「東野圭吾と村上春樹、どちらが人気?」という記事も書いています。

良かったらそちらもよろしくお願いします。

ではまた!

スポンサーリンク

人気記事はこちら

1

こんにちは。 あやとです。 「村上春樹作品の売り上げや発行部数ってどのくらいなんだろう?」 今日はこんな方向けに記事を書いています。 村上春樹作品は700作品以上あるとされます。 その中でどれが一番売 ...

2

こんにちは。 彩人です。 「40代におすすめの自己啓発本ってあるのかな?」 今日は、こんな方向けに記事を書いています。 実は僕もちょうど40代。 読書ブロガーとしてたくさんの自己啓発本も読んできました ...

3

こんにちは。 彩人です。 「本を1円でも高く売る方法ってあるかな?」 今日はこんな方向けに記事を書いています。 僕は過去500冊以上の本の処分。 そんな僕が解説しています。 よろしくお願いします。 あ ...

-読書

© 2021 あやとブログ Powered by AFFINGER5