読書

東野圭吾の電子書籍・Kindle化作品はなぜ少ない?理由を徹底解析!

こんにちは。

彩人です。

東野圭吾ってなぜ電子書籍があまりないんだろう?

今日はこんな方向けに記事を書いています。

東野圭吾は2020年4月、7冊のみを電子書籍化。

しかしそれ以降の電子書籍化はありません。

今日はその理由を解析してみたいと思います。

よろしくお願いします。

あやと
執筆者・彩人プロフィール
・読書ブロガー
・日本大学文理学部卒業
・年間読書量の9割が小説

東野圭吾はなぜ電子書籍化に反対なのか?-理由を徹底解析!-

まずはじめに、なぜ電子化しないのかは、正直なところ不明です。

なぜならネット中・著作どこを探しても理由は見当たらないため。

なので本人以外、分からない事項となっています。

ただ、以下の3つの理由だと漠然と推測されています(↓)

  • スキャン業者と争っていた
  • 中国の海賊版に手を焼いていた
  • 書店で買うお客さんを優先したい

ではそれぞれ、どういったことなのでしょうか?

以下、詳しく見て行きたいと思います。

東野圭吾のスキャン業者との争い

1つ目のスキャン代行業者との争いは有名ですよね。

なぜなら著書に、

著者は本書の自炊代行業者によるデジタル化を認めておりません。

東野圭吾「透明な螺旋」最終ページより引用

という文言を良く見かけるから。

なので電子化には反対なんだろうな…と感じている方も多いのではないでしょうか?

実際、2011年12月には自炊代行業者を相手に訴訟を起こしています(↓)

▶︎東野圭吾さんら作家7名がスキャン代行業者2社を提訴

こちらは「ITメディア」さんの記事。

こちらの業者と争っているため、電子書籍化が進まないという説です。

東野圭吾の中国海賊版との戦い

また中国の海賊版に怒っているという記事もあります。

例えば、島田荘司さんのツイートをまとめたtogetter。

記事によるとこんなことが書かれています(↓)

東野圭吾さんが、繁体字簡体字問わず、今後中国には翻訳を許可しないと決めた問題。海賊版が野放し状態で、もはや犯罪意識もないことに対するある意味自然な処置。かつて森村誠一さんが『人間の証明』の時代、中国でも印税億に届きそうな大ベストセラーになって、けれど海賊版なので印税ゼロだった。

東野圭吾、中国海賊版に怒る」問題を島田荘司が語ったより引用

現在、このツイートは削除されているため真偽のほどは不明。

しかしこの記事からも、東野さんが海賊版に怒っていたことがわかります。

なので日本でも電子化されないのではないかと考えられます。

東野圭吾は書店で買うお客さんを大切にしている?

最後は書店で買うお客さんを大切にしているという理由から。

こちらは「▶︎東野圭吾の電子書籍がない理由」で読めます。

記事によると、

  • お金を出してくれた読者を大切にする
  • 古本屋で安く買う読者や、図書館を利用する読者が「同じサービスを受けるのはアンフェア」

このようなニュースが2005年に報道されたそう。

そこから、書店さんを大切にしているのではないか?との推測でした。

こちらもありそうな説ですよね。

東野圭吾の電子書籍・Kindle化された7作品を徹底解説!

ちなみに東野作品で電子書籍化された本は、7冊あります。

なぜならコロナ禍で巣ごもり生活を余儀なくされた、読者サービスをするため。

そのため2020年、7冊の本だけ解禁されました(↓)

  • 映画、ドラマ化されている
  • 累計発行部数100万部を超えている

全てこんな作品となります。

ではどんな作品が解禁されているのでしょうか?

続いて見て行きたいと思います。

東野圭吾、電子書籍シリーズ①「ナミヤ雑貨店の奇蹟」(KADOKAWA)


ナミヤ雑貨店の奇蹟 (角川文庫)

電子書籍解禁1作目は「ナミヤ雑貨店の奇跡」です。

こちらはこんな作品となっています(↓)

  • 中央公論文芸賞受賞
  • 2012年、単行本刊行
  • 2013年と2016年に舞台化
  • 2017年、日本と中国にて映画化

こんな感じで映像化から文学賞まで受賞した作品。

有名どころからお探しの方におすすめです。

東野圭吾、電子書籍シリーズ②「プラチナデータ」(幻冬舎)


プラチナデータ (幻冬舎文庫)

電子化2冊目は「プラチナデータ」。

こちらはこんな作品となっています(↓)

  • 2013年、映画化
  • 2010年、単行本発売
  • 映像化に際し、20社以上からのオファーが殺到

こんな感じで発売当初から注目された作品。

映像が頭に浮かびやすい作品からお探しの方におすすめです。

東野圭吾、電子書籍シリーズ③「流星の絆」(講談社)


流星の絆 (講談社文庫)

3冊目は「流星の絆」。

こちらもこんな感じで有名です(↓)

  • 第43回新風賞受賞
  • 2009年本屋大賞9位
  • 2008年TBSにてドラマ化
  • ファンが選ぶ東野圭吾作品5位

こちらも映像化、売り上げはトップクラス。

中期の代表作からお探しの方におすすめです。

東野圭吾、電子書籍シリーズ④「ダイイング・アイ」(光文社)


ダイイング・アイ (光文社文庫)

電子書籍第4作目は「ダイイング・アイ」。

こちらはこんな作品となっています(↓)

  • 2007年単行本化
  • 2019年、WOWOWにてテレビドラマ化

「ダイイング・アイ」は2017年、映像化なしで100万部突破。

隠れた名作となっていました。

あまり知られていない作品からお探しの方におすすめです。

東野圭吾、電子書籍シリーズ⑤「疾風ロンド」(実業之日本社)


疾風ロンド (実業之日本社文庫)

5冊目の電子書籍化は「疾風ロンド」。

こちらはいきなり文庫で発売され、話題となりました。

  • 2016年、映画化
  • 発売10日で100万部突破

こんな感じで発売当初から話題に。

スキーやスポーツ作品からお探しの方におすすめです。

東野圭吾、電子書籍シリーズ⑥「白夜行」(集英社)


白夜行 (集英社文庫)

電子書籍化6作目は「白夜行」。

こちらはこんな電子書籍作品です(↓)

  • 売り上げ200万部
  • 2005年、舞台化
  • 2006年、テレビドラマ化
  • 2009年、韓国にて映画化
  • 2010年、日本にて映画化

こちらは、舞台化から映像化までされた作品。

長めの電子書籍をお探しの方におすすめです。

東野圭吾、電子書籍シリーズ⑦「容疑者Xの献身」(文藝春秋)


容疑者Xの献身 (文春文庫)

電子書籍化7作目・ラストは「容疑者Xの献身」です。

こちらはこんな作品となっています(↓)

  • 直木賞受賞
  • 米・エドガー賞候補
  • このミステリーがすごい2006、1位
  • 本格ミステリベスト10(2006年)、1位
  • 週刊文春ミステリベスト10(2005年)1位
  • ファンが選ぶ東野圭吾作品2位
  • 総売り上げ:228.5万部
  • 日本・中国・韓国にて映画化
  • 日本にて舞台化5回

文学的評価、売り上げ、ファン人気、いずれもトップクラス。

文句なしの最高傑作からお探しの方におすすめです。

まとめ

いかがでしたか?

今日は「東野圭吾と電子書籍」について分析してみました。

僕は他にも「東野圭吾の売り上げランキング」という記事も書いています。

東野圭吾の売り上げ&発行部数ランキング【一番売れている作品は?】

こんにちは。 彩人です。 「東野圭吾の発行部数ってどのくらいだろう?」 「東野圭吾の売り上げランキングのサイトってあるのかな?」 今日はこんな方向けに記事を書いています。 僕は東野圭吾さんを読んで25 ...

続きを見る

良かったらこちらもよろしくお願いします。

ではまた。

スポンサーリンク

人気記事はこちら

1

こんにちは。 あやとです。 「村上春樹作品の売り上げや発行部数ってどのくらいなんだろう?」 今日はこんな方向けに記事を書いています。 村上春樹作品は700作品以上あるとされます。 その中でどれが一番売 ...

2

こんにちは。 彩人です。 「40代におすすめの自己啓発本ってあるのかな?」 今日は、こんな方向けに記事を書いています。 実は僕もちょうど40代。 読書ブロガーとしてたくさんの自己啓発本も読んできました ...

3

こんにちは。 彩人です。 「本を1円でも高く売る方法ってあるかな?」 今日はこんな方向けに記事を書いています。 僕は過去500冊以上の本の処分。 そんな僕が本を高く売る方法について解説しています。 よ ...

-読書

© 2022 あやとブログ Powered by AFFINGER5