東野圭吾

「ブラックショーマンと覚醒する女たち」文庫いつ発売?【大胆予測】

こんにちは。

彩人です。

『ブラックショーマンと覚醒する女たち』の文庫いつ発売かな?

今日はこんな方向けに記事を書いています。

ブラックショーマンと覚醒する女たち」とは2024年1月発売のミステリー!

そのため、文庫はまだ発売されていません。

今日は、その「文庫発売日」を予測しています。

よろしくお願いします。

あやと
あやと
執筆者・彩人プロフィール
・読書ブロガー
・日本大学文理学部卒業
・東野圭吾の読者歴は25年!

東野圭吾「ブラックショーマンと覚醒する女たち」の文庫本と電子書籍は未発売



まず「ブラックショーマンと覚醒する女たち」の文庫は未発売です。

なぜなら、2024年1月の発売だから。

なので現在、単行本のみでの発売となっています。

では、文庫発売は、いつ頃でしょうか?

答えは、ズバリ!2027年1月です。

…映画化などで外れたらごめんなさい。🙇‍♂️

ではその根拠は何でしょうか?

続いて見て行きたいと思います。

東野圭吾「ブラックショーマンと覚醒する女たち」文庫発売日の根拠

文庫発売の根拠は過去のパターンからです。

良かったらこちらをご覧ください(↓)。

作品 単行本発売日 文庫本発売日 文庫までの年月
ラプラスの魔女 2015年5月 2018年2月 2年9ヶ月(※映像化同時)
マスカレード・ナイト 2017年9月 2020年9月 3年0ヶ月
魔力の胎動 2018年3月 2021年3月 3年0ヶ月
沈黙のパレード 2018年10月 2021年9月 2年11ヶ月(「透明な螺旋」も同時発売)
クスノキの番人 2020年3月 2023年4月 3年1ヶ月
ブラックショーマンと名もなき町の殺人 2020年11月 2023年11月 3年0ヶ月
白鳥とコウモリ 2021年4月 2024年4月 3年0ヶ月
ブラックショーマンと覚醒する女たち 2024年1月 ??? ???

どれもだいたい3年0ヶ月で文庫化。

なので「ブラックショーマンと覚醒する女たち」も2027年1月、文庫化されると思われます。

東野圭吾「ブラックショーマンと覚醒する女たち」の電子書籍はいつ発売?!

ちなみに「ブラックショーマンと覚醒する女たち」の電子書籍も未対応です。

なぜなら、東野さんは電子書籍に否定的だから。

なので今のところ、発売の目処は立っていません。

ただ、今後発売される可能性は、大いにあり!

なぜなら、2020年から解禁され始めたから。

なので、今後、発売される可能性は大いにあります。

東野圭吾の電子書籍・Kindle化作品はなぜ少ない?理由を徹底解析!

こんにちは。 彩人です。 「東野圭吾ってなぜ電子書籍があまりないんだろう?」 今日はこんな方向けに記事を書いています。 東野圭吾は2020年4月、7冊のみを電子書籍化。 しかしそれ以降の電子書籍化はあ ...

続きを見る

東野圭吾「ブラックショーマンと覚醒する女たち」の感想

ブラックショーマンと覚醒する女たち」は面白いです。

具体的にはこんな感想が多かったです(↓)

『ブラックショーマンと名もなき町の殺人』が面白く、新作が出たとの事で引き続き予約して購入。『短編集だったのか』と思って読み始めたのですが、うまい構成でした。
マジシャンだけにキツネに摘まれた感覚でした。

Amazon.co.jpより引用

こんな感じで、構成がうまかった!とする感想から、

前作のブラック・ショーマンもサクッと読めるミステリーでしたが
第2弾は短編集なのでさらにサクッと気楽に読めます
どの話もひとひねりあり楽しく読めました

Amazon.co.jpより引用

楽しく読めた!という感想までズラリ!

なので、文庫まで待とうかな?という方にもおすすめです。

東野圭吾「ブラックショーマンと覚醒する女たち」あらすじと感想!!

こんにちは。 彩人です。 「ブラックショーマンと覚醒する女たちってどんな作品だろう?」 「ブラックショーマンと覚醒する女たちの感想が知りたい!」 今日はこんな方向けに記事を書いています。 僕は東野圭吾 ...

続きを見る

まとめ

いかがでしたか?

今日は「ブラックショーマンと覚醒する女たち」について書いてみました。

ちなみに「東野圭吾さんの新刊情報」はこちらでご紹介しています(↓)

【2024年最新】東野圭吾の新作は5月と6月、7月に発売決定!!

こんにちは。 彩人です。 「東野圭吾の新作はいつ出るんだろう?」 今日はこんな方向けに記事を書いています。 僕は東野圭吾の読者歴25年! そんな僕が、 今年の新作(2024年) 去年の新作(2023年 ...

続きを見る

良かったらこちらもよろしくお願いします。

ではまた。

プロモーション

-東野圭吾