読書

住野よる「腹を割ったら血が出るだけさ」あらすじ&解説&徹底考察!

こんにちは。

彩人です。

『腹を割ったら血が出るだけさ』のあらすじが知りたい!

『腹を割ったら血が出るだけさ』を解説してるサイトはある?

今日はこんな方向けに記事を書いています。

僕は住野作品は全冊読破!

そんな僕が作品を解説しています。

よろしくお願いします。

あやと
執筆者・彩人プロフィール
・読書ブロガー
・日本大学文理学部卒業
・住野よる作品は全冊読破!

住野よる「腹を割ったら血が出るだけさ」のあらすじ&解説&考察

「腹を割ったら血が出るだけさ」作品の解説と考察


腹を割ったら血が出るだけさ

まず住野よる「腹を割ったら血が出るだけさ」とはこんな作品です(↓)

  • 双葉社刊
  • 400ページ
  • 2022年7月発売
  • 住野よるの第9作目
  • 登場人物が住野作品最多

こんな作品でした。

ちなみにこちらは、初回特典からサイン本まで、盛りだくさん!

値段も1650円とお買い得となっています。

ではこちらはどんなあらすじなのでしょうか?

続いて見て行きたいと思います。

住野よる「腹を割ったら血が出るだけさ」あらすじ

続いて「腹を割ったら血が出るだけさ」のあらすじはこんな内容です(↓)

【あらすじ】
高校生の茜寧は、友達や恋人に囲まれ充実した日々を送っている。しかしそれは、「愛されたい」という感情に縛られ、偽りの自分を演じ続けるという苦しい毎日だった。ある日、茜寧は愛読する小説の登場人物、〈あい〉にそっくりな人と街で出逢い――。 いくつもの人生が交差して響き合う、極上の青春群像劇。

双葉社のHPより引用

こんな感じの青春小説。

・「愛されたい

・「偽りの自分を演じる

こんなことを感じるであろう若い世代向けの内容となっています。

住野よる「腹を割ったら血が出るだけさ」の解説と考察

「腹を割ったら血が出るだけさ」の意味は?

ではここから作品の解説と考察に入ってみたいと思います。

※ややネタバレしていますのでご注意下さい。

まず「腹を割ったら血が出るだけさ」とは、どんな意味でしょうか?

僕は次の3つの意味だと考察しています(↓)

  • 希死念慮の示唆
  • 腹を割って話すことなんてできないという皮肉
  • 腹を割る→本音を覗く、作品の中身を割ってみる

こんな意味から名付けられたのではないかな、と。

なぜなら主人公・茜寧は自殺願望があり、常に誰かを演じていたから。

なのでこのようなタイトルとなったのではないでしょうか。

腹を割ったら血が出るだけさの解説&考察

「腹を割ったら血が出るだけさ」はかなり難解な作品でしたよね。

実際、読書メーターでもこんな感想が多かったです(↓)

これはかなり小説を読み慣れているか、難解を得意とする人しか読みきれないのでは。私も何度か挫折しそうに…。

読書メーターの感想より引用

こんな感じで、

  • 難解
  • 読みづらい
  • 途中で挫折した

といった感想が多数。

なので「わからなかったな…」と考えた人も多かったのではないでしょうか。

でも書いている僕も、そう感じました。

特にわかりづらかったのは、

  • 作中作品であった
  • 登場人物が多かった
  • 著者の言い回しが難解

こんな感じ。

特に「作品中の作品である」ことがわかりづらかったのだと思います。

そのため僕は「作中作品(小説の中の小説)」と捉えることで読みやすくなりました。

「腹を割ったら血が出るだけさ」の主題は『生きづらさ』

「腹を割ったら血が出るだけさ」の主題は「若い頃の生きづらさ」だと思います。

例えば若い頃って、

  • 誰かを演じてしまう
  • 素の自分が出せない

こんなことありましたよね。

なのでこの小説の主題は生きづらさ。

実際、主人公は腹を割って話せる人は皆無でした。

そして腹を割って話せず、ついには自殺願望まで芽生える始末。

なので小説のタイトルも、

・「腹を割ったら(素の自分でいると)血が出るだけさ」

・「本音で話したって、どうせ自分が傷つくだけだろう?」

みたいな意味(皮肉)が込められたのではないでしょうか。

なかなか深いタイトルですよね。

住野よる「腹を割ったら血が出るだけさ」みんなの感想

最後に読者が、この作品をどう読んだのかの解説です。

こちらは読書メーターより引用してみました(↓)

本当の自分を出せない高校生。本音を隠さねばならなく、苦しんでいる。 住野さんの世界観は、なかなか難しかったかな。 ラストは、前向きな感じでの終わり方だったので良かったです。

読書メーターの感想より引用

こんな感じで難しかったけれど、良かったとする感想がある一方、

もう住野さんを読むには年を取り過ぎたのだろう。住野さんらしい独特の表現が刺さらない。10代 20代の人が読むともっと瑞々しいレビューになるのかな。長い読書でした。

読書メーターの感想より引用

こんな感じで10〜20代には響くのかなとする感想も多数。

なので年齢を重ねた読者には厳しい読書であったようです。

僕もおおむね、そう感じました。

まとめ

いかがでしたか?

今日は住野よるさんの「腹を割ったら血が出るだけさ」を考察してみました。

僕は他にも住野作品を考察しています(↓)

住野よる「この気持ちもいつか忘れる」感想&徹底考察!謎の結末は?

こんにちは。 あやとです。 みんなは住野よる『この気持ちもいつか忘れる』どう読んだのかな? 今日はこんな方向けに記事を書いています。 僕は久しぶりに良い小説読んだなぁ、、という感想でした。 チカとの恋 ...

続きを見る

良かったらこちらもよろしくお願いします。

ではまた。

スポンサーリンク

人気記事はこちら

1

こんにちは。 あやとです。 「村上春樹作品の売り上げや発行部数ってどのくらいなんだろう?」 今日はこんな方向けに記事を書いています。 村上春樹作品は700作品以上あるとされます。 その中でどれが一番売 ...

2

こんにちは。 彩人です。 「40代におすすめの自己啓発本ってあるのかな?」 今日は、こんな方向けに記事を書いています。 実は僕もちょうど40代。 読書ブロガーとしてたくさんの自己啓発本も読んできました ...

3

こんにちは。 彩人です。 「本を1円でも高く売る方法ってあるかな?」 今日はこんな方向けに記事を書いています。 僕は過去500冊以上の本の処分。 そんな僕が本を高く売る方法について解説しています。 よ ...

-読書