読書

窪美澄おすすめ本10選!【直木賞受賞作から有名作品まで一挙ご紹介】

こんにちは。

彩人です。

窪美澄さんのおすすめ本ってあるのかな?

今日はこんな方向けに記事を書いています。

僕は、窪美澄さんは新刊を中心にほぼ全作品読破!

そんな僕がおすすめ本をご紹介しています。

よろしくお願いします。

あやと
執筆者・彩人プロフィール
・読書ブロガー
・日本大学文理学部卒業
・窪美澄作品はほぼ全巻読破

窪美澄おすすめ本10選!①ふがいない僕は空を見た

 窪美澄、1冊目のおすすめ本は「ふがいない僕は空を見た」。

こちらはこんな理由からおすすめです(↓)

  • デビュー作
  • 2012年映画化
  • 第8回本屋大賞2位
  • 第8回R-18文学賞受賞
  • 第24回山本周五郎賞受賞

こんな感じの鮮烈なデビュー作。

映画化から2つの文学賞まで受賞しました。

窪美澄イチの有名作品からお探しの方におすすめです。

窪美澄おすすめ本10選!②夜に星を放つ

 2冊目のおすすめは「夜に星を放つ」。

こちらにはこんなおすすめ理由があります(↓)

  • 第167回直木賞受賞作
  • 全5編からなる短編集
  • 窪美澄さんの最新刊

こちらは先日受賞したばかりの直木賞受賞作品。

僕は受賞前に読了したのですが、独特の雰囲気がとてもマル!

超おすすめ作品となっています。

新たな代表作からお探しの方におすすめです。

窪美澄おすすめ本10選!③晴天の迷いクジラ


3冊目のおすすめは「晴天の迷いクジラ」。

こちらはこんな作品となっています(↓)

  • 第3回山田風太郎賞受賞
  • 窪美澄2作目の連作短編集

デビュー2作目にして山田風太郎賞を受賞!

メンタルや生をテーマとし、賞を受賞しました。

隠れた名作からお探しの方におすすめです。

窪美澄おすすめ本10選!④じっと手を見る


4冊目のおすすめは「じっと手を見る」。

こちらもこんな感じでおすすめです(↓)

  • 第159回直木賞候補作
  • 介護をテーマに描いた作品

こちらは介護・医療をテーマに書かれた1冊。

直木賞候補にもなり、話題となりました。

現代的テーマを扱った作品からお探しの方におすすめです。

窪美澄おすすめ本10選!⑤トリニティ


5冊目のおすすめは「トリニティ」。

こちらはこんな理由からおすすめです(↓)

  • 第161回直木賞候補作
  • 第36回織田作之助賞受賞作
  • 仕事、結婚、男、子どもを描いた長編小説

「トリニティ」も直木賞候補。

576ページある長編となっています。

有名な長編作品からお探しの方におすすめです。

窪美澄おすすめ本10選!⑥すみなれたからだで


6冊目のおすすめは「すみなれたからだで」。

こちらもこんな作品となっています(↓)

  • 全8編からなる短編集
  • 直木賞「夜に星を放つ」と似たテイストの作品

「すみなれたからだで」は、性をテーマにした短編集。

直木賞を受賞した「夜に星を放つ」が気に入った方におすすめです。

窪美澄おすすめ本10選!⑦やめるときも、すこやかなるときも


7作目のおすすめは「やめるときも、すこやかなるときも」。

こちらはこんな理由からおすすめです(↓)

  • 11作目の長編小説
  • 2020年1月、テレビドラマ化

こんな感じで窪作品にしては珍しい、映像化作品。

Kis-My-Ft2の藤ヶ谷太輔主演で深夜に放送されました。

映像化された作品からお探しの方におすすめです。

窪美澄おすすめ本10選!⑧いるいないみらい


8冊目のおすすめは「いるいないみらい」。

こちらにはこんなおすすめ理由があります(↓)

  • 2019年KADOKAWA刊
  • 全5編からなる妊娠をテーマにした短編

こちらは「子供がいる、いない未来」を描いた短編集。

224ページと比較的、短い作品となっています。

一風変わった短編集からお探しの方におすすめです。

窪美澄おすすめ本10選!⑨たおやかに輪をえがいて


9作目のおすすめは「たおやかに輪をえがいて」。

こちらはこんな作品となっています(↓)

  • 2020年中央公論社刊
  • 結婚中期に知る「真実」を描いた長編

こちらは15作目となる長編。

性風俗にハマる夫や妻、子供を描き、話題となりました。

40〜50代くらいの方におすすめの長編です。

窪美澄おすすめ本10選!⑩朔が満ちる


最後のおすすめは「朔が満ちる」。

こちらは近年の代表作となっています(↓)

  • 週刊朝日連載作品
  • 2021年朝日新聞社刊
  • 窪美澄17作目の長編小説

こちらは「親殺し」を描いた話題作!

少しだけ本文より抜粋してみました(↓)

今だ。また龍の声がする。殺せ。殺せ。
僕の振り上げた斧が父の後頭部にめり込む。

窪美澄「朔が満ちる」P8〜9より引用

こんな感じで冒頭から熱い!

父親を殺そうとした男性が主人公の作品となっています。

少し重めの窪作品からお探しの方におすすめです。

まとめ

いかがでしたか?

今日は窪美澄さんのおすすめ作品について書いてみました。

僕はラストの「朔が満ちる」も解説しています(↓)

窪美澄「朔が満ちる」は超問題作!【ネタバレありのあらすじと感想】

こんにちは。 彩人です。 「窪美澄さんの『朔が満ちる』って面白いのかな?」 「窪美澄さんの『朔が満ちる』のあらすじが知りたい!」 今日はこんな方向けに記事を書いています。 僕は窪美澄さんはデビュー以来 ...

続きを見る

良かったらこちらもよろしくお願いします。

ではまた。

スポンサーリンク

人気記事はこちら

1

こんにちは。 あやとです。 「村上春樹作品の売り上げや発行部数ってどのくらいなんだろう?」 今日はこんな方向けに記事を書いています。 村上春樹作品は700作品以上あるとされます。 その中でどれが一番売 ...

2

こんにちは。 彩人です。 「40代におすすめの自己啓発本ってあるのかな?」 今日は、こんな方向けに記事を書いています。 実は僕もちょうど40代。 読書ブロガーとしてたくさんの自己啓発本も読んできました ...

3

こんにちは。 彩人です。 「本を1円でも高く売る方法ってあるかな?」 今日はこんな方向けに記事を書いています。 僕は過去500冊以上の本の処分。 そんな僕が本を高く売る方法について解説しています。 よ ...

-読書

© 2022 あやとブログ Powered by AFFINGER5