読書

宮島未奈「成瀬は信じた道をいく」のあらすじ&感想!【ネタバレあり】

こんにちは。

彩人です。

『成瀬は信じた道をいく』ってどんな作品だろう?

今日はこんな方向けに記事を書いています。

僕は「成瀬シリーズ」の大ファン!!

続編「〜信じた道をいく」も先日、読了しました。

今日はその「成瀬は信じた道をいく」の感想などを書いています。

よろしくお願いします。

あやと
あやと
執筆者・彩人プロフィール
・読書ブロガー
・日本大学文理学部卒業
・年間読書量は100〜150冊!

宮島未奈「成瀬は信じた道をいく」のネタバレありのあらすじ!


まず、「成瀬は信じた道をいく」とはこんな作品です(↓)

  • 新潮社刊
  • 192ページ
  • 2024年1月発売
  • 成瀬シリーズ第2巻
  • 第1作目は売り上げ41.5万部

こんな感じで、本屋大賞した続編。

発行部数は41.5万部を超え、話題となりました。

では、それぞれどんなあらすじでしょうか?

ここから深掘りして行きたいと思います。

第1話:ときめきっ子タイム

1話目「ときめきっ子タイム」は小学生の話。

成瀬ファンの小学生(北川みらい)が主人公です。

みらいは、夏祭りで、ゼゼカラと成瀬のファンに。

なので、学校の授業で発表しようとしました。

さて、どうやって成瀬に取材をしようか?

…と思っていたところ、いきなり、成瀬と遭遇!

地域パトロール中の成瀬と遭遇したのです。

取材を終えた、みらいは学校で発表を完了。

みらいはパトロール隊へ加わることとなりました。

第2話:成瀬慶彦の憂鬱

2話目「成瀬慶彦の憂鬱」は成瀬のお父さんの話。

成瀬が進学をきっかけに家を出ると知りました。

さて、大学受験当日。

成瀬は大学内でキャンプする人を見かけます。

なぜ大学構内でキャンプなのか?

そう思った成瀬は、自宅に泊まって行け、と声がけ。

彼は、成瀬宅へ泊まって行くこととなりました。

彼は高知から来た、浪人生ユーチューバー

ユーチューブ撮影のため高知から来たんだとか。

なかなか濃いキャラですね〜。

そして受験を終えた城山は、帰宅し、YouTubeをアップ。

成瀬はモザイク付きで出演したのでした。

そして受験は二人とも合格。

春から京都大学へ通うことになったのでした。

第3話:やめたいクレーマー

3話目「やめたいクレーマー」はクレーマーの話。

言実(ことみ)は、スーパーのクレーマーでした。

働いていたのは、成瀬。

パートタイマーとして、学業の合間に働いていました。

しかし、成瀬は、とんでもないことを依頼。

なんと万引き犯を捕まえて欲しいと頼んだのです。

ところが言実は、あっさり、万引き犯と遭遇。

目撃が逮捕のきっかけとなり、貢献しました。

第4話:コーンビーフはうまい

4話目「コーンビーフはうまい」は観光大使の話。

成瀬は、観光大使になりたいと、志願したのです。

そして応募してみると、あっさり、合格!

晴れてびわ湖大津観光大使となりました。

コンビを組むのは、篠原かれん。

親子3代続けて観光大使という家系でした。

そこで成瀬は、観光大使1グランプリに出場を提案。

全国の観光大使グランプリへと応募したのです!

さてさて。

グランプリ当日の朝。

かれんは、トラブルギリギリ間に合うかどうか。

そこで、成瀬に連絡しておこうとしたのです。

電話番号の覚え方は「コーンビーフはうまい」。

この暗号で、成瀬宅へ無事、電話できたのでした。

第5話:探さないでください

5話目「探さないでください」は行方不明の話。

大晦日の日、成瀬が行方不明になったのです。

その日はゼゼカラの相方・島崎が来る日。

しかし、滋賀を尋ねると行方不明と知りました。

そこで結成されたのは「成瀬捜索班」。

父親と母親、島崎、篠原かれんなどで捜索班を結成したのです。

成瀬が行きそうな場所は、名古屋のスタンプラリー。

しかし、行ってみるとすでにいないとのことでした。

そこで諦めて帰宅すると成瀬はTVに出演!

滋賀代表として紅白でけん玉を披露していました。

宮島未奈「成瀬は信じた道をいく」の感想・レビュー

「成瀬は信じた道をいく」は面白かった!です。

例えば、(↓)

帰ってきた成瀬にまた会えた。一気読み!

「読書メーター」たなぼうさんの感想

こんな感想から、

成瀬あかり、ますますパワーアップして帰ってきた。嬉しい‼️大学生になって周囲にちょっとは合わせる柔軟性も身に着け、人としての成長も垣間見えた。

「読書メーター」みこちゃんさんの感想

パワーアップしていたとの感想まで。

なので、とても読み応えある作品となっています。

僕も読んだのですが、めっちゃ面白い!!

なぜなら、

  • 1作目とのつながり
  • 各話ごとのつながり
  • 成瀬のエピソード
  • 成瀬のその後の生活
  • 成瀬と他の人物の登場

と、読みどころたくさんだったから。

なので、1作目より面白い作品となっています。

ちなみに「成瀬シリーズ」は、第3部、第4部と続くそう。

なぜなら産経ニュースの記事で、(↓)

ただ、シリーズの執筆は次の3作目でいったん休むつもりだ。「大人を主人公にした話やミステリー、ファンタジーにも挑戦したい。作家としていろんな話を書ける〝筋肉〟を付けたいんです」。一方で「いつか絶対に帰ってきて『成瀬』の4作目もやる。私のライフワークとして続いていく気がする」とも。

産経ニュース」より引用

と取り上げられていたから。

なので3作目、4作目にも期待ですね!

>>「成瀬は信じた道をいく」を読んでみる

まとめ

いかがでしたか?

今日は「成瀬は信じた道をいく」をまとめてみました。

ちなみに前作の感想はこちら(↓)

「成瀬は天下を取りにいく」は面白くないところが面白い【映画化も】

こんにちは。 彩人です。 「『成瀬は天下を取りにいく』って面白いのかな?」 「『成瀬は天下を取りにいく』って面白くないって聞いたけど…」 今日はこんな方向けに記事を書いています。 僕の年間読書量は、1 ...

続きを見る

良かったらこちらもよろしくお願いします。

ではまた。

プロモーション

-読書