読書

ブックオフで本を査定してもらう時間は3分〜20分!【実際売ってみた】

こんにちは。

彩人です。

ブックオフで本を査定してもらう時間はどのくらいかな?

査定時間中に外出は出来るの?

今日はこんな方向けに記事を書いています。

僕は昨日、ちょうどブックオフで本を売却!

結果、3分で売れました。

今日は本の査定時間や外出について書いています。

よろしくお願いします。

あやと
あやと
執筆者・彩人プロフィール
・読書ブロガー
・日本大学文理学部卒業
・年間読書量は150〜200冊!

ブックオフの本の査定時間は3〜20分!【実際売ってみた!】

まず、ブックオフの査定時間は、3〜20分です。

なぜならその場で買取りしてもらえるから。

なので、意外と早く買取ってもらえますね。

ちなみに、3〜20分と開きがあるのは、本の数が違いから。

例えば、数冊の場合、その場で査定完了。

しかし、何十冊も持っていくと20分ほど時間がかかります。

では、具体的にはどんな流れで買い取るでしょうか?

続いて見て行きたいと思います。

ブックオフの店頭査定の時間と流れ(売る本が少ない場合)

本の買取りの流れは、こんな感じです(↓)

①本を袋や段ボールから出す

②ブックオフアプリを見せる

③店員さんが本のバーコードを読み取る

査定額の提示

⑤同意の場合、免許証提示

⑥タブレット端末でサイン

⑦金額を受け取る

こんな感じで、まずはバーコードスキャンから開始。

続いてタブレット端末にサインをし、3分で完了します。

その場で終わるのは、嬉しいですよね!

一方、売る本が多い場合はこんな感じです(↓)

①本を袋などから出す

②店員さんから査定時間(10〜30分など)を告げられる

③店員さんから番号札を渡される

④店内放送で、番号呼び出し

査定額の提示

⑥同意の場合、免許証提示

⑦タブレット端末でサイン

⑧金額を受け取る

こんな感じで、番号札をもらって20分ほど待機。

なので冊数が多い場合は、待つ必要があります。

ブックオフの査定時間中の外出はOK!

ちなみに、査定中の外出はOKです!

例えば、(↓)

  • 車で待つ
  • 外で買い物

こんな感じで、外出もOK!

なので、必ずしも店内で待つ必要はありません。

※この場合、携帯電話で呼び出してもらえます。

待ち時間・査定時間を気にせず本を高く売る方法

ちなみに本を売るのは、ネットがおすすめです。

なぜなら、

  • 送るだけ
  • 待ち時間がない
  • 基本的に送料無料
  • 持って行く手間がない
  • ネットと銀行振込で完了

こんな感じで、手間と時間がかからないから。

なので、時間がない方はネットがおすすめです。

では具体的にはどんな古書店さんがおすすめでしょうか?

最後に見て行きたいと思います。

高く売れるおすすめネット古書店①ブックサプライ

1つ目のおすすめは、「ブックサプライ」さんです。

こちらでは、(↓)

  • 配送料0円
  • 宛名書き不要
  • 集荷時間も指定できる
  • 2000万点もの取扱実績
  • 査定から振り込みまでたった2営業日

こんな感じで、送料から宛名書きまで不要!

なので店頭で待ちたくない!という方におすすめです。

実際、売ってみたのですが、時間は2日!

待つことなく査定完了するのは嬉しいですよね。

また、買取り金額がわかる仕組みもありまして、(↓)

こちらを入力するだけで、金額確認が可能。

売る前に価格を知りたい!という方におすすめです。


>>詰めて渡すだけのかんたん買取【ブックサプライ】

安心しておすすめネット古書店②ブックオフ




>>【ブックオフ】公式宅配買取サービス

2つ目のおすすめは、BOOK-OFFオンラインさんです。

こちらのメリットは、(↓)

  • 売り買いの実績が豊富
  • 大手のため安心して売れる
  • CDからDVD、携帯電話まで買い取ってくれる

こんな感じで、やっぱり大手なのがメリット。

しかも嬉しいことに、店頭と価格は変わりません。

なのでオンラインで売りたい!という方におすすめです。

ブックオフなどの本の査定時間まとめ

いかがでしたか?

今日は本の査定時間をテーマに書いてみました。

ちなみに「>>本を高く売る方法」はこちらで検証しています(↓)

本を高く売る方法はこの3つ!【損と失敗をしない本の売り方3選!】

こんにちは。 彩人です。 「本を1円でも高く売る方法ってあるかな?」 今日はこんな方向けに記事を書いています。 僕は過去500冊以上もの本を売却! その結果、高く売る方法があると知りました。 そんな僕 ...

続きを見る

良かったらこちらもよろしくお願いします。

ではまた。

プロモーション

-読書