読書

芥川賞・直木賞・本屋大賞の違いを徹底解説!【意外と知らない真実】

こんにちは。

彩人です。

芥川賞、直木賞、本屋大賞の違いってなんだろう?

今日はこんな方向けに記事を書いています。

僕は小説を愛すること35年!

そんな僕が賞の違いをわかりやすく解説しています。

よろしくお願いします。

あやと
執筆者・彩人プロフィール
・読書ブロガー
・日本大学文理学部卒業
・年間読書量の9割が小説

芥川賞・直木賞・本屋大賞の違いを解説

まず芥川賞、直木賞、本屋大賞の違いはこんな感じです(↓)

<芥川賞>

芥川賞は、雑誌(同人雑誌を含む)に発表された、新進作家による純文学の中・短編作品のなかから選ばれます。

公益財団法人「日本文学振興会」のHPより引用

<直木賞>

直木賞は、新進・中堅作家によるエンターテインメント作品の単行本(長編小説もしくは短編集)が対象です。

公益財団法人「日本文学振興会」のHPより引用

<本屋大賞>

「本屋大賞」は、新刊書の書店(オンライン書店も含みます)で働く書店員の投票で決定するものです。過去一年の間、書店員自身が自分で読んで「面白かった」、「お客様にも薦めたい」、「自分の店で売りたい」と思った本を選び投票します。

本屋大賞のHPより引用

こんな感じで、

  • 芥川賞:新人作家純文学作品に贈られる
  • 直木賞:新人〜中堅作家大衆文学に贈られる
  • 本屋大賞:書店員が選ぶ、最も売りたい本

といった違いで賞が贈られます。

また「芥川賞」と「直木賞」は文藝春秋社が主催。

そして「本屋大賞」はNPO法人・本屋大賞実行委員会が主催しています。

なのでもらえる副賞も少し異なります(↓)。

  • 芥川賞:賞金100万円、懐中時計
  • 直木賞:賞金100万円、懐中時計
  • 本屋大賞:賞金100万円

こんな感じで芥川賞と直木賞には「懐中時計」が贈呈。

こちらも違いと言えそうです。

では実際、どんな作品が選ばれているのでしょうか?

続いて見て行きたいと思います。

芥川賞、直木賞、本屋大賞の歴代代表作品

歴代芥川賞受賞作品

まず、芥川賞だとこんな作品が選ばれています(↓)

第75回(1976年上半期):村上龍「限りなく透明に近いブルー」
第104回(1990年下半期:小川洋子「妊娠カレンダー」
第116回(1996年下半期):辻仁成「海峡の光」
第120回(1998年下半期):平野啓一郎「日蝕」
第123回(2000年上半期):町田康「きれぎれ」
第127回(2002年上半期):吉田修一「パーク・ライフ」
第130回(2003年下半期):綿矢りさ「蹴りたい背中」
第130回(2003年下半期):金原ひとみ「蛇にピアス」
第133回(2005年上半期):中村文則「土の中の子供」
第144回(2010年下半期):西村賢太「苦役列車」
第153回(2015年上半期):又吉直樹「火花」
第153回(2015年上半期):羽田啓介「スクラップ・アンド・ビルド」
第167回(2022年上半期):高瀬隼子「おいしいごはんが食べられるように」

こんな感じで、純文学作品を中心に選出。

こちらが色濃い特徴と言えそうです。

歴代直木賞受賞作品

また歴代の直木賞だとこんな感じです(↓)

第94回(1985年下半期):林真理子「最終便に間に合えば・京都まで」
第97回(1987年上半期):山田詠美「ソウル・ミュージック・ラバーズ・オンリー」
第99回(1988年上半期):景山民夫「遠い海から来たCOO」
第107回(1992年上半期):伊集院静「受け月」
第114回(1995年下半期):小池真理子「恋」
第120回(1998年下半期):宮部みゆき「理由」
第121回(1999年上半期):桐野夏生「柔らかな頬」
第124回(2000年下半期):重松清「ビタミンF」
第134回(2005年下半期):東野圭吾「容疑者Xの献身」
第145回(2011年上半期):池井戸潤「下町ロケット」
第156回(2016年下半期):恩田陸「蜂蜜と遠雷」
第167回(2022年上半期):窪美澄「夜に星を放つ」

こんな感じであの有名作家までズラリ!

これは作家と作品に贈られるためです。

歴代本屋大賞受賞作品

最後に歴代の本屋大賞だとこんな感じです(↓)

第1回(2004年):小川洋子「博士の愛した数式」
第2回(2005年):恩田陸「夜のピクニック」
第3回(2006年):リリー・フランキー「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」
第4回(2007年):佐藤多佳子「一瞬の風になれ」
第5回(2008年):伊坂幸太郎「ゴールデンスランバー」
第6回(2009年):湊かなえ「告白」
第7回(2010年):冲方丁「天地明察」
第8回(2011年):東川篤哉「謎解きはディナーのあとで」
第9回(2012年):三浦しをん「舟を編む」
第10回(2013年):百田尚樹「海賊とよばれた男」
第13回(2016年):宮下奈都「羊と鋼の森」
第14回(2017年):恩田陸「蜜蜂と遠雷」
第15回(2018年):辻村深月「かがみの孤城」
第16回(2019年):瀬尾まいこ「そして、バトンは渡された」
第18回(2021年):町田そのこ「52ヘルツのクジラたち」

こちらは映画化・映像化された作品がズラリ!

これは本屋さんが売りたい本が多いためだと思われます。

芥川賞・直木賞・本屋大賞でおすすめはある?

芥川賞・直木賞・本屋大賞おすすめ①蜂蜜と遠雷

最後にご紹介するのはそれぞれの賞にまたがっている作品です。

まず1作品目は、「蜂蜜と遠雷」です(↓)


蜜蜂と遠雷(上) (幻冬舎文庫)

こちらは2016年下半期で直木賞を受賞。

また同年、本屋大賞も受賞しています。

一番有名な作品からお探しの方におすすめです。

芥川賞・直木賞・本屋大賞おすすめ②推し、燃ゆ


推し、燃ゆ

2冊目の賞を跨いでいる作品は「推し、燃ゆ」です。

こちらは2020年の芥川賞を受賞。

続いて2021年の本屋大賞も9位で入賞しています。

文学作品からお探しの方におすすめです。

芥川賞・直木賞・本屋大賞おすすめ③ゴールデンスランバー


ゴールデンスランバー(新潮文庫)

最後の賞を跨いでいる作品は「ゴールデンスランバー」です。

こちらは、2008年本屋大賞を受賞。

そして直木賞は自ら辞退したことでも話題となりました。

少し変わった作品からお探しの方におすすめです。

まとめ

いかがでしたか?

今日は「芥川賞」「直木賞」「本屋大賞」の違いについてまとめてみました。

僕は他にも「芥川賞おすすめ作品」という記事も書いています(↓)。

中学生・高校生にもおすすめな芥川賞受賞作品12選!【読みやすい】

こんにちは。 彩人です。 「中学生や高校生にもおすすめの芥川賞作品ってあるかな?」 今日はこんな方向けに記事を書いています。 僕は芥川賞を読み続けること25年! そんな僕が「これは!!」という芥川賞作 ...

続きを見る

良かったらこちらもよろしくお願いします。

ではまた。

スポンサーリンク

人気記事はこちら

1

こんにちは。 彩人です。 『村上春樹さんの最高傑作って何だろう?』 今日はこんな方向けに記事を書いています。 エッセイや対談、翻訳本などを合わせると700作品以上! 今日はその中でどれが最高傑作なのか ...

2

こんにちは。 彩人です。 「40代におすすめの自己啓発本ってあるのかな?」 今日は、こんな方向けに記事を書いています。 実は僕もちょうど40代。 読書ブロガーとしてたくさんの自己啓発本も読んできました ...

3

こんにちは。 彩人です。 「東野圭吾の新作はいつ出るんだろう?」 今日はこんな方向けに記事を書いています。 僕は東野圭吾の読者歴25年! そんな僕が、 今年の新作(2023年) 既に出た新作(2022 ...

4

こんにちは。 彩人です。 「村上春樹の新作はいつ出るんだろう?」 今日はこんな方向けに記事を書いています。 僕は年間読書量の1/3が村上春樹。 そんな僕が解説しています。 よろしくお願いします。 あや ...

5

こんにちは。 彩人です。 「Kindle Unlimitedの2ヶ月99円って、いつまでかな?」 今日はこんな方向けに記事を書いています。 2023年1月11日までだった2ヶ月99円キャンペーン。 実 ...

-読書