読書

芥川賞・直木賞・本屋大賞の違いを徹底解説!【意外と知らない真実】

こんにちは。

彩人です。

芥川賞、直木賞、本屋大賞の違いってなんだろう?

今日はこんな方向けに記事を書いています。

僕は小説を愛すること35年!

そんな僕が賞の違いをわかりやすく解説しています。

よろしくお願いします。

あやと
執筆者・彩人プロフィール
・読書ブロガー
・日本大学文理学部卒業
・年間読書量の9割が小説

芥川賞・直木賞・本屋大賞の違いを解説

まず芥川賞、直木賞、本屋大賞とはこんな賞です(↓)

<芥川賞>

芥川賞は、雑誌(同人雑誌を含む)に発表された、新進作家による純文学の中・短編作品のなかから選ばれます。

公益財団法人「日本文学振興会」のHPより引用

<直木賞>

直木賞は、新進・中堅作家によるエンターテインメント作品の単行本(長編小説もしくは短編集)が対象です。

公益財団法人「日本文学振興会」のHPより引用

<本屋大賞>

「本屋大賞」は、新刊書の書店(オンライン書店も含みます)で働く書店員の投票で決定するものです。過去一年の間、書店員自身が自分で読んで「面白かった」、「お客様にも薦めたい」、「自分の店で売りたい」と思った本を選び投票します。

本屋大賞のHPより引用

こんな感じで、

  • 芥川賞:新人作家、純文学作品に贈られる
  • 直木賞:新人〜中堅作家、大衆文学に贈られる
  • 本屋大賞:書店員が選ぶ、最も売りたい本

といった違いで賞が贈られます。

なので、

作家が選んだ作品を読みたい→芥川賞、直木賞

書店員が選んだ作品を読みたい→本屋大賞

を選べば、ほぼ間違いないと思います。

では実際、どんな作品が選ばれているのでしょうか?

続いて見て行きたいと思います。

芥川賞、直木賞、本屋大賞の歴代代表作品

続いて歴代の芥川賞、直木賞、本屋大賞を見て行きたいと思います。

まず、芥川賞だとこんな作品が選ばれています(↓)

第75回(1976年上半期):村上龍「限りなく透明に近いブルー」
第104回(1990年下半期:小川洋子「妊娠カレンダー」
第116回(1996年下半期):辻仁成「海峡の光」
第120回(1998年下半期):平野啓一郎「日蝕」
第123回(2000年上半期):町田康「きれぎれ」
第127回(2002年上半期):吉田修一「パーク・ライフ」
第130回(2003年下半期):綿矢りさ「蹴りたい背中」
第130回(2003年下半期):金原ひとみ「蛇にピアス」
第133回(2005年上半期):中村文則「土の中の子供」
第144回(2010年下半期):西村賢太「苦役列車」
第153回(2015年上半期):又吉直樹「火花」
第153回(2015年上半期):羽田啓介「スクラップ・アンド・ビルド」
第167回(2022年上半期):高瀬隼子「おいしいごはんが食べられるように」

こんな感じでメジャーな作品というより、純文学作品が中心。

少し難しめという印象がありますよね。

続いて歴代の代表的な直木賞だとこんな感じです(↓)

第94回(1985年下半期):林真理子「最終便に間に合えば・京都まで」
第97回(1987年上半期):山田詠美「ソウル・ミュージック・ラバーズ・オンリー」
第99回(1988年上半期):景山民夫「遠い海から来たCOO」
第107回(1992年上半期):伊集院静「受け月」
第114回(1995年下半期):小池真理子「恋」
第120回(1998年下半期):宮部みゆき「理由」
第121回(1999年上半期):桐野夏生「柔らかな頬」
第124回(2000年下半期):重松清「ビタミンF」
第134回(2005年下半期):東野圭吾「容疑者Xの献身」
第145回(2011年上半期):池井戸潤「下町ロケット」
第156回(2016年下半期):恩田陸「蜂蜜と遠雷」
第167回(2022年上半期):窪美澄「夜に星を放つ」

こちらはあの大御所作家までズラリ!

名前くらいは聞いたことのある作家さんも多いのではないでしょうか?

続いて、歴代の本屋大賞だとこんな感じです(↓)

第1回(2004年):小川洋子「博士の愛した数式」
第2回(2005年):恩田陸「夜のピクニック」
第3回(2006年):リリー・フランキー「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」
第4回(2007年):佐藤多佳子「一瞬の風になれ」
第5回(2008年):伊坂幸太郎「ゴールデンスランバー」
第6回(2009年):湊かなえ「告白」
第7回(2010年):冲方丁「天地明察」
第8回(2011年):東川篤哉「謎解きはディナーのあとで」
第9回(2012年):三浦しをん「舟を編む」
第10回(2013年):百田尚樹「海賊とよばれた男」
第13回(2016年):宮下奈都「羊と鋼の森」
第14回(2017年):恩田陸「蜜蜂と遠雷」
第15回(2018年):辻村深月「かがみの孤城」
第16回(2019年):瀬尾まいこ「そして、バトンは渡された」
第18回(2021年):町田そのこ「52ヘルツのクジラたち」

こちらは映画化された作品がズラリ!

そのため「タイトルだけは聞いたがことある」という方も多いのではないでしょうか?

芥川賞・直木賞・本屋大賞でおすすめはある?

芥川賞・直木賞・本屋大賞おすすめ①蜂蜜と遠雷

ではそれぞれの賞にまたがっているという作品はあるのでしょうか?

最後にご紹介したいと思います。

まず1つ目は、「蜂蜜と遠雷」(↓)


蜜蜂と遠雷(上) (幻冬舎文庫)

こちらは2016年下半期で直木賞を受賞。

そして同年、本屋大賞も受賞しています。

どれから読んだらいいか分からないという方におすすめです。

芥川賞・直木賞・本屋大賞おすすめ②推し、燃ゆ


推し、燃ゆ

2冊目は「推し、燃ゆ」です。

こちらは2020年の芥川賞を受賞!

そして2021年の本屋大賞にも9位でランクインしました。

そのため、文学的な作品を読んでみたい方におすすめです。

芥川賞・直木賞・本屋大賞おすすめ③ゴールデンスランバー


ゴールデンスランバー(新潮文庫)

最後のおすすめは「ゴールデンスランバー」。

こちらは、2008年本屋大賞、受賞!

そして直木賞は自ら辞退したことでも話題となりました。

ちょっと意外な作品から読んでみたい方におすすめです。

まとめ

いかがでしたか?

今日は「芥川賞」「直木賞」「本屋大賞」の違いについて解説してみました。

僕はこんな感じの読書ブロガー。

芥川賞に関しては、別の記事もあります(↓)。

中学生・高校生にもおすすめな芥川賞受賞作品12選!【読みやすい】

こんにちは。 彩人です。 「中学生や高校生にもおすすめの芥川賞作品ってあるかな?」 今日はこんな方向けに記事を書いています。 僕は芥川賞を読み続けること25年! そんな僕が「これは!!」という芥川賞作 ...

続きを見る

良かったらこちらもよろしくお願いします。

ではまた。

スポンサーリンク

人気記事はこちら

1

こんにちは。 あやとです。 「村上春樹作品の売り上げや発行部数ってどのくらいなんだろう?」 今日はこんな方向けに記事を書いています。 村上春樹作品は700作品以上あるとされます。 その中でどれが一番売 ...

2

こんにちは。 彩人です。 「40代におすすめの自己啓発本ってあるのかな?」 今日は、こんな方向けに記事を書いています。 実は僕もちょうど40代。 読書ブロガーとしてたくさんの自己啓発本も読んできました ...

3

こんにちは。 彩人です。 「本を1円でも高く売る方法ってあるかな?」 今日はこんな方向けに記事を書いています。 僕は過去500冊以上の本の処分。 そんな僕が本を高く売る方法について解説しています。 よ ...

-読書