おすすめ本

【2023〜24年】年末年始・お正月の読書におすすめな本・小説9選!

こんにちは。

彩人です。

今年の年末年始、何読もうかな?

年末年始に読む本を教えて欲しい…!

今日はこんな方向けに記事を書いています。

僕の年間読書量は150〜200冊!

その中でも「年末年始にぴったりな作品」をご紹介しています。

よろしくお願いします。

あやと
あやと
執筆者・彩人プロフィール
・読書ブロガー
・日本大学文理学部卒業
・年間読書量は150〜200冊!

年末年始の読書におすすめな本&小説9選!

おすすめ①街とその不確かな壁


1冊目のおすすめは「街とその不確かな壁」。

こちらはこんな作品となっています(↓)

  • 新潮社刊
  • 661ページ
  • 2970円(税込)
  • 電子書籍も同時刊行
  • 2023年4月13日発売
  • 新作長編(原稿用紙1200枚)
  • 発売6日で売り上げ35万部突破!

こんな感じでして、661ページある超大作!

発売6日で35万部を売り上げ、話題となりました。

ところがこちらがめっちゃ面白い!!(↓)

その街に行かなくてはならない。なにがあろうと――〈古い夢〉が奥まった書庫でひもとかれ、呼び覚まされるように、封印された“物語”が深く静かに動きだす。魂を揺さぶる純度100パーセントの村上ワールド。

Amazon.co.jpより引用

こんな感じで、読ませる力はさすが!

極上小説からお探しの方におすすめです。

おすすめ②ワンダーランド急行


2冊目のおすすめは「ワンダーランド急行」です。

こちらはこんな作品となっています(↓)

  • 441ページ
  • 2022年12月発売
  • 日本経済新聞出版社
  • 「楽園の真下」以来3年ぶりの新刊

こんな感じの荻原浩、3年ぶりの新作!

日経新聞連載時から話題となっていました。

さて、こちらもめっちゃ面白い!!

会社とは逆方向の急行に乗ったら、そこは異世界だった…!

んな、バカな!安っぽいと感じたものの、異世界の様子が最高!!

ラム丼にペロピーノ、埼玉タワーって(笑)

思わず先が気になって、僕は一気読みでした。

面白い小説からお探しの方におすすめです。

おすすめ③あなたが誰かを殺した


3冊目のおすすめは「あなたが誰かを殺した」。

こちらはこんな作品となっています(↓)

  • 320ページ
  • 講談社刊行
  • 2023年9月21日発売
  • 待望の加賀恭一郎シリーズ

こんな感じの「加賀恭一郎シリーズ」最新作!

そしてこちらがめっちゃ読ませる!!(↓)

やっぱり東野圭吾は面白いです! えーっ!、やっぱなー
うそだろ〜、一喜一憂しながら読みました。今回も最後まで誰が犯人かわかりませんでした!ただ、最後は、本当に切なかった…
久しぶりにハードカバーを買いました。たまには、いいかも!

Amazon.co.jpより引用

こんな感じで、面白かったとする感想多数。

ミステリー作品からお探しの方におすすめです。

おすすめ④汝、星のごとく


4冊目のおすすめは「汝、星のごとく」。

こちらは個人的におすすめです(↓)

  • 講談社刊
  • 357ページ
  • 2023年本屋大賞受賞
  • キノベス!2023 第1位
  • 第44回吉川英治文学新人賞候補作

こんな感じで、本屋大賞受賞した作品。

キノベス2023年第1位でも話題となりました。

外さない作品からお探しの方におすすめです。

>>Amazon Audible でも聴くことができます。

おすすめ⑤白鳥とコウモリ


5冊目のおすすめは「白鳥とコウモリ」。

こちらはこんな作品となっています(↓)

  • 幻冬社刊
  • 全522ページ
  • 発行部数:20万部
  • 発売日2021年4月7日
  • 単行本のみ刊行(文庫はなし)
  • 東野圭吾作家生活35周年記念作品

「白鳥とコウモリ」は、作家生活35周年記念作品!

発行部数は20万部を超え、話題となりました。

東野圭吾作品からお探しの方におすすめです。

おすすめ⑥八月の御所グラウンド


そして年末年始、一番注目なのが「八月の御所グラウンド」。

こちらはこんな作品となっています(↓)

  • 179ページ
  • 文藝春秋刊
  • 2023年8月発売
  • 16年ぶりの京都×青春物語

こんな感じで、2024年上半期の直木賞候補作!

で、こちらは直木賞受賞候補の本命なんです(↓)

  • 文藝春秋より出版
  • 万城目学さんは直木賞候補6回目

こんな感じで、絶対、直木賞受賞しそう!

直木賞候補作からお探しの方におすすめです。

おすすめ⑦風が強く吹いている


7冊目のおすすめは「風が強く吹いている」。

こちらは駅伝小説となっています(↓)

  • 2006年刊行
  • 2007年、漫画化
  • 2009年、舞台化
  • 2009年、映画化
  • 2020年、新作舞台化
  • 2018年、テレビドラマ化
  • 2010年、第1回ブクログ大賞文庫本部門大賞受賞

こんな感じで「箱根駅伝」を描いた名作中の名作。

もう年末年始にめっちゃおすすめなんです(↓)

キャラクターと展開のおもしろさで、一気に読んでしまった。
現実には有り得ない展開ではあるけど、ぐいぐい引き込まれていって、本当にこんな世界があったらいいのにとすら思った。

Amazon.co.jpより引用

こんな感じで、年末年始感たっぷり!!

「駅伝小説」からお探しの方におすすめです。

おすすめ⑧騎士団長殺し

おすすめ8冊目は「騎士団長殺し」。

こちらはこんな作品となっています(↓)

  • 1Q84以来7年ぶりの長編
  • 2017年ベストセラー第5位
  • 韓国での売り上げ50万部

大きな文学賞の受賞はありませんが、売り上げは134万部。

もう、春樹ワールド全開なんです(↓)

作家デビュー40周年
村上ワールドの新たな結晶!
物語の魔術師、村上春樹のすべてがここに――

一枚の絵が、秘密の扉を開ける……妻と別離し、傷心のまま、海を望む小暗い森の山荘に暮らす孤独な36歳の画家。ある日、緑濃い谷の向こうから謎めいた銀髪の隣人が現れ、主人公に奇妙な事が起き始める。雑木林の古い石室、不思議な鈴、屋根裏に棲むみみずく、そして「騎士団長」――ユーモアとメタファーに満ちた最高の長編小説!

こんな感じで、面白くもあり、わからなくもあり…。

分厚い小説からお探しの方におすすめです。

おすすめ⑨蜂蜜と遠雷

最後のおすすめは「蜂蜜と遠雷」。

こちらはこんな作品となっています(↓)

  • 第156回直木賞受賞
  • 第14回本屋大賞受賞
  • 2019年、松岡茉優主演で映画化

こんな感じで、直木賞とダブル受賞した作品。

2019年の映画化でも話題となりました。

少し厚めの小説からお探しの方におすすめです。

年末年始の読書におすすめな本&小説まとめ

いかがでしたか?

今日は年末年始に読みたい小説をまとめてみました。

ちなみに最近のおすすめ小説はこちら(↓)

最近(2021〜24年)のおすすめ小説ランキング22選!【話題作】

こんにちは。 彩人です。 「最近のおすすめ小説が知りたい…!」 今日はこんな方向けに記事を書いています。 僕の年間読書量は150〜200冊!! そんな僕が最近出た小説をご紹介しています。 よろしくお願 ...

続きを見る

また一気読み出来る小説はこちらでご紹介しています(↓)

【2024】面白い&一気読み必死のおすすめ小説ランキング12選!

こんにちは。 彩人です。 「一気読み必死の面白い小説ってあるかな?」 今日はこんな方向けに記事を書いています。 僕の年間読書量は100〜150冊! そんな僕が「一気読み必死の小説」をご紹介しています。 ...

続きを見る

良かったらこちらもよろしくお願いします。

ではまた。

プロモーション

-おすすめ本