おすすめ本

読書初心者におすすめの短編小説25選!【読みやすい短編はこれだ!】

こんにちは。

彩人です。

読書初心者におすすめの短編が知りたい…!

今日はこんな方向けに記事を書いています。

僕は長編よりも短編小説が大好き!!

そんな僕が読みやすい短編をご紹介しています。

よろしくお願いします。

あやと
あやと
執筆者・彩人プロフィール
・読書ブロガー
・日本大学文理学部卒業
・年間読書量は150〜200冊!

読書初心者におすすめの短編小説25選!【高校生・大学生にもおすすめ】

おすすめ短編小説①海の見える理髪店


海の見える理髪店 (集英社文庫)

まず1冊目のおすすめは「海の見える理髪店」。

こちらはこんな作品となっています(↓)

  • 直木賞受賞作
  • 2016年刊行の短編集

こんな感じで、こちらは直木賞受賞作。

とても胸に沁みる短編集となっています。

荻原浩の代表作から読みたい方におすすめです。

荻原浩のおすすめ小説ランキング11選!【直木賞受賞作から文庫まで】

こんにちは。 彩人です。 「荻原浩さんのおすすめ小説ってあるかな?」 今日はこんな方向けに記事を書いています。 僕は、荻原浩さんのファン歴20年。 そんな僕が荻原作品をご紹介しています。 よろしくお願 ...

続きを見る

おすすめ短編小説②夜に星を放つ


夜に星を放つ (文春e-book)

2冊目のおすすめは「夜に星を放つ」。

こちらはこんな理由からおすすめです(↓)

  • 第167回直木賞受賞作
  • 全5編からなる短編集

こんな感じで第167回直木賞を受賞!

全5編を収録した短編集となっています。

窪美澄の代表作からお探しの方におすすめです。

窪美澄・直木賞受賞作「夜に星を放つ」の感想と考察【文庫情報あり】

こんにちは。 彩人です。 「窪美澄さんの『夜に星を放つ』の感想ってどんな感じだろう?」 「『夜に星を放つ』の文庫本はもう出てる?」 今日はこんな方向けに記事を書いています。 僕は窪美澄作品はほぼ全作品 ...

続きを見る

おすすめ短編小説③パン屋再襲撃


パン屋再襲撃 (文春文庫)

おすすめ3冊目は、「パン屋再襲撃」。

こちらはこんな作品となっています(↓)

  • パン屋再襲撃
  • 象の消滅
  • ファミリー・アフェア
  • 双子と沈んだ大陸
  • ローマ帝国の崩壊・1881年のインディアン蜂起・ヒットラーのポーランド侵入・そして強風世界
  • ねじまき鳥と火曜日の女たち

こんな感じでして、こちらは全6編を収録。

特に表題作「パン屋再襲撃」は、圧巻です(↓)。

「もう一度パン屋を襲うのよ。それも今すぐにね」
「今すぐに?」と僕は聞きかえした。
「ええ、今すぐよ。この空腹感が続いてるあいだにね。果たされなかったことを今果たすのよ」

(「パン屋再襲撃」より引用)

こんな感じでめっちゃ楽しい作品!

村上春樹の短編からお探しの方におすすめです。

村上春樹「パン屋再襲撃」解釈と考察【初心者でもわかりやすく解説】

こんにちは。 彩人です。 「パン屋再襲撃、よくわからなかったな〜」 「パン屋再襲撃をもっとわかりやすく解説してほしい!」 今日はこんな方向けに記事を書いています。 『パン屋再襲撃』って、 なぜ2回も襲 ...

続きを見る

おすすめ短編小説④恋愛仮免中


恋愛仮免中 (文春文庫)

4冊目のおすすめは「恋愛仮免中」。

こちらはオムニバス短編集となっています(↓)

<執筆者(作者)>

  • 奥田英朗
  • 窪美澄
  • 荻原浩
  • 原田マハ
  • 中江有里

「恋愛仮免中」は執筆陣が豪華なことで有名!

そして、こちらも読ませるんです(↓)

「食べたいメニューをおっしゃってください」

問いかけに答える前に、麻子が私に視線を投げてくる。目線が笑っていた。

「ピーマンの肉詰め」

おいおい、なんだよ、それ。予想外の答えに私は異を唱えた。

荻原浩「アポロ11号はまだ空を飛んでいるか」冒頭より引用

こんな感じで読みやすい文章が印象的!

読書初心者の方におすすめです。

おすすめ短編小説⑤噛み合わない会話と、ある過去について


噛みあわない会話と、ある過去について (講談社文庫)

5冊目のおすすめは「噛み合わない会話と、ある過去について」。

こちらはこんな作品となっています(↓)

あなたの「過去」は、大丈夫?

美しい「思い出」として記憶された日々――。
その裏側に触れたとき、見ていた世界は豹変する。
無自覚な心の内をあぶりだす「鳥肌」必至の傑作短編集!

大学の部活で仲のよかった男友達のナベちゃんが結婚するという。だが、紹介された婚約者はどこかズレていて――。
「ナベちゃんのヨメ」

国民的アイドルになったかつての教え子がやってくる。小学校教諭の美穂は、ある特別な思い出を胸に再会を喜ぶが……。「パッとしない子」

人の心裏を鋭くあばく傑作短編集!

Amazon.co.jpより引用

こんな感じで、心の機微を描いた短編集。

ところが「チクッ」とする痛みある短編となっています。

辻村深月さんの短編からお探しの方におすすめです。

おすすめ短編小説⑥嘘つきジェンガ


噓つきジェンガ (文春e-book)

6冊目のおすすめは「嘘つきジェンガ」です。

こちらはこんな作品となっています(↓)

  • 文藝春秋刊
  • 全288ページ
  • 2022年8月発売
  • 3つの短編から成る小説
  • 1話目「2020年のロマンス詐欺」は「神様の罠」にも収録

こんな感じの「詐欺」をめぐる短編集。

そしてこれがめっちゃ、読ませるんです!!

例えば、「2020年のロマンス詐欺」。

こちらの舞台は、なんとコロナ禍。

その中で主人公が詐欺に引っかかってしまうのですが、結末がとてもいい!

時間を忘れて読書したい方におすすめです。

辻村深月「嘘つきジェンガ」のネタバレありのあらすじと感想・考察!

こんにちは。 彩人です。 「辻村深月さんの嘘つきジェンガのあらすじが知りたい!」 「嘘つきジェンガをネタバレありで考察しているサイトってあるかな?」 今日はこんな方向けに記事を書いています。 僕は年間 ...

続きを見る

おすすめ短編小説⑦コメンテーター


コメンテーター ドクター伊良部 (文春e-book)

7冊目のおすすめは奥田英朗「コメンテーター」。

こちらはこんな作品となっています(↓)

  • 272ページ
  • 文藝春秋刊行
  • 1760円(税込)
  • 文庫本は未発売
  • 2023年5月11日発売
  • 17年ぶりの「伊良部シリーズ」

こんな感じの伊良部シリーズ。

17年ぶりの新作としても話題となりました。

ところがこちらはめちゃくちゃ笑える!(↓)

低視聴率にあえぐワイドショーのスタッフの圭介は、母校のつてで美人精神科医をコメンテーターとしてスカウトしようとする。が、行き違いから伊良部とマユミが出演することに。案の定、ふたりは放送事故寸前のコメントを連発するが、それは暴言か、はたまた金言か!?

こんな感じであの伊良部先生がTV出演!

笑える作品からお探しの方におすすめです。

奥田英朗「コメンテーター」の感想&あらすじ【文庫本発売はいつ?】

こんにちは。 彩人です。 「奥田英朗の「コメンテーター」ってどんな作品かな?」 今日はこんな方向けに記事を書いています。 僕は、奥田英朗作品は全作品読破! そんな僕が「コメンテーター」の感想を書いてい ...

続きを見る

おすすめ短編小説⑧季節風シリーズ


合本 季節風(春)(夏)(秋)(冬)【文春e-Books】

重松清の短編1冊目のおすすめは「季節風シリーズ」。

こちらはこんな作品となっています(↓)

産経新聞夕刊に掲載されたオムニバス作品を季節ごとにまとめた、春・夏・秋・冬の全4巻。

出産のために離れて暮らす母親のことを想う5歳の女の子の素敵なクリスマスを描いた「サンタ・エクスプレス」ほか、<ひとの“想い”を信じていなければ小説は書けない気がする>という著者が、普通の人々の小さくて大きな世界を季節ごとに描き出す短篇集。

Amazon.co.jpより引用

こちらは<春夏秋冬>の季節ごとの短編集。

全て合わせて48編の物語が詰まっています。

季節ごとの短編からお探しの方におすすめです。

重松清の泣ける&おすすめ短編7選!【短編でも重松節を堪能しよう】

こんにちは。 彩人です。 「重松清の泣けるおすすめ短編ってあるかな?」 今日はこんな方向けに記事を書いています。 僕は重松清を読むこと20年。 重松清の大ファンです。 そんな僕が解説しています。 よろ ...

続きを見る

おすすめ短編小説⑨可燃物


可燃物 (文春e-book)

9冊目のおすすめは「可燃物」。

こちらは最近発売されたばかりの小説となっています(↓)

  • 257ページ
  • 文藝春秋刊
  • 文庫は未発売
  • 2023年7月発売
  •  米澤穂信初の警察ミステリー

こんな感じのミステリー短編集。

米澤穂信さんの短編からお探しの方におすすめです。

米澤穂信「可燃物」のネタバレありのあらすじと感想!【文庫は未発売】

こんにちは。 彩人です。 「米澤穂信さんの『可燃物』ってどんな作品かな?」 今日はこんな方向けに記事を書いています。 僕は米澤穂信さんのファン歴15年!! そんな僕が「可燃物」について書いています。 ...

続きを見る

おすすめ短編小説⑩コロナと潜水服


コロナと潜水服

おすすめ代表作第6位は「コロナと潜水服」。

こちらはこんな作品となっています(↓)

  • 光文社より刊行
  • 全5編からなる短編集
  • コロナを扱った奥田英朗最新作

「コロナと潜水服」は奥田英朗の新作!

コロナをいち早く扱い、話題となりました。

最近の作品から楽しみたい方におすすめです。

奥田英朗「コロナと潜水服」感想&あらすじ&書評!【文庫も発売中】

こんにちは。 彩人です。 「『コロナと潜水服』のあらすじが知りたい!」 「『コロナと潜水服』の文庫本はまだかな?」 今日はこんな方向けに記事を書いています。 僕は奥田英朗作品は全冊、読破! そんな僕が ...

続きを見る

おすすめ短編小説(11)秋雨物語


秋雨物語 (角川書店単行本)

11冊目のおすすめは「秋雨物語」です。

こちらはこんな作品となっています(↓)

  • 312ページ
  • 2022年11月発売
  • KADOKAWA刊行
  • 「雀蜂」以来、12年ぶりのホラー作品
  • 短編1編、中編3編からなる、中短編集

こんな感じのホラー短編集。

秋雨を連想させる中短編4つを楽しむことが出来ます。

ホラー作品からお探しの方におすすめです。

貴志祐介「秋雨物語」のネタバレ感想&あらすじ【次作は梅雨物語!】

こんにちは。 彩人です。 「貴志祐介さんの『秋雨物語』のあらすじが知りたい…!」 「『秋雨物語』の感想ってどんな感じかな?」 今日はこんな方向けに記事を書いています。 僕は貴志祐介の読者歴20年! そ ...

続きを見る

おすすめ短編小説(12)一人称単数


一人称単数 (文春文庫)

12冊目のおすすめは「一人称単数」。

こちらはこんな作品となっています(↓)。

  • 石のまくらに
  • クリーム
  • チャーリー・パーカー・プレイズ・ボサノヴァ
  • ウィズ・ザ・ビートルズ With the Beatles
  • 『ヤクルト・スワローズ詩集』
  • 謝肉祭(Carnaval)
  • 品川猿の告白
  • 一人称単数

こんな感じの、全8編を収録。

エッセイ調のものから、短歌、猿がしゃべる話まで収録されています。

村上春樹の短編からお探しの方におすすめです。

【村上春樹「一人称単数」】全作品のあらすじ、感想、考察、解説、解釈

こんにちは。 彩人です。 「一人称単数、全作品のあらすじが知りたい…!」 「解釈や考察を書いてあるサイトってあるかな?」 今日は、こんな方向けに記事を書いています。 こちらでは「一人称単数の全作品のあ ...

続きを見る

おすすめ短編小説(13)蝙蝠か燕か


蝙蝠か燕か (文春e-book)

13冊目の代表作は「蝙蝠か燕か」です。

こちらはこんな作品となっています(↓)

2022年2月5日に急逝した著者の、読者からの熱烈な要望によって実現した未刊行小説集。
完結した小説としては著者最後の作品となった表題作をはじめ、著者の本領たる藤澤清造“歿後弟子”としての覚悟を扱った3篇を収録。

Amazon.co.jpより引用

こんな感じの西村賢太の遺作。

それでいて、こちらはめっちゃ面白い!!(↓)

嘘をつくんじゃねえ!このぼくが、大事な書簡をわざわざ台無しにする細工を、てめえなぞ頼むわけないだろうが!見損なうんじゃねえよ!

西村賢太「黄ばんだ手躓」より引用

こんな感じで読ませる力はさすが!

西村賢太の短編からお探しの方におすすめです。

西村賢太おすすめ小説7選!【代表作&最高傑作&読む順番はこれ!】

こんにちは。 彩人です。 「西村賢太のおすすめ作品ってあるかな?」 「西村賢太の代表作って何だろう?」 今日はこんな方向けに記事を書いています。 僕は西村賢太の読者歴読者歴12年! そんな僕がおすすめ ...

続きを見る

おすすめ短編小説(14)木になった亜沙


木になった亜沙 (文春文庫)

14冊目のおすすめは「木になった亜沙」です。

こちらはこんな作品となっています(↓)

  • 文藝春秋
  • 2020年4月刊行
  • 芥川賞受賞第1作目

「木になった亜沙」は芥川受賞第1作目。

全3編を収録した文学作品となっています。

純文学からお探しの方におすすめです。

おすすめ短編小説(15)犯罪小説集


犯罪小説集 (角川文庫)

15冊目のおすすめは「犯罪小説集」。

こちらはこんな作品となっています(↓)

人はなぜ、罪を犯すのか?

人間の深奥に潜む、弱く、歪んだ心。どうしようもなく罪を犯してしまった人間と、それを取り巻く人々の業と哀しみを描ききった珠玉の5篇。

Amazon.co.jpより引用

「犯罪小説集」はまさに犯罪を犯す人たちの物語。

全5編の犯罪短編が収録されています。

犯罪短編集からお探しの方におすすめです。

おすすめ短編小説(16)嘘と正典


嘘と正典 (ハヤカワ文庫JA)

16冊目のおすすめは「嘘と正典」。

こちらはこんな作品となっています(↓)

マルクスとエンゲルスの出逢いを阻止することで共産主義の消滅を企むCIAを描いた歴史改変SFの表題作をはじめ、零落した稀代のマジシャンがタイムトラベルに挑む「魔術師」、名馬スペシャルウィークの血統に我が身を重ねる青年の感動譚「ひとすじの光」、音楽を通貨とする小さな島の伝説「ムジカ・ムンダーナ」など6篇を収録。圧倒的な筆致により日本SFと世界文学を接続する著者初の短篇集。

Amazon.co.jpより引用

こんな感じで、直木賞作家・小川哲さんの短編集。

小川哲初の短編集として話題となりました。

直木賞作家の短編からお探しの方におすすめです。

おすすめ短編小説(17)向田理髪店


向田理髪店 (光文社文庫)

17冊目のおすすめは「向田理髪店」。

こちらはこんな作品となっています(↓)

  • 全6編の短編集
  • 2022年映画化
  • 光文社文庫より発売

なんと「向田理髪店」は去年(2022年)映画化!

高橋克己主演で上映され話題となりました。

映像化作品から楽しみたい方におすすめです。

おすすめ短編小説(18)ちょいな人々


ちょいな人々 (文春文庫)

おすすめ18冊目は「ちょいな人々」。

こちらは個人的におすすめです(↓)

「カジュアル・フライデー」に翻弄され、慣れないファッションの冒険に乗り出した課長の悲喜劇を描いた表題作、大真面目で奇矯な発明が世の中を混乱させるおもちゃ会社の顛末「犬猫語完全翻訳機」と「正直メール」、熱狂的阪神ファンが彼女の実家に結婚の挨拶に行くと、彼女の父は熱烈なる巨人ファンだった…「くたばれ、タイガース」など、ブームに翻弄される愛すべき人々を描くユーモア短篇集。あなたの溜まったストレスに効く1冊!

Amazon.co.jpより引用

こんな感じのユーモア小説!

僕もこの小説を読んでゲラゲラ笑いました(笑)

楽しい小説からお探しの方におすすめです。

おすすめ短編小説(19)PK


PK (講談社文庫)

こちらは個人的にナンバーワン作品は伊坂幸太郎「PK」(↓)

  • 194ページ
  • 2012年講談社刊行
  • 「勇気」は伝染するを合言葉とした3つの短編集

こちらは「読書メーター」からAmazon評価まで低い作品。

でも個人的にはランキング1位にしたい作品となっています(↓)。

  • 勇気が出る
  • 元気が出る
  • 薄いのでササっと読める

僕は病気で弱っている時、かなり元気をもらいました。

あまり知られていない作品からお探しの方におすすめです。

伊坂幸太郎の最高傑作&代表作品はコレだ!【ランキング形式で発表】

こんにちは。 彩人です。 「伊坂幸太郎の最高傑作はなんだろう?」 「どれが伊坂幸太郎の代表作なの?」 今日はこんな方向けにブログを書いています。 僕は伊坂幸太郎を愛読すること20年! そんな僕が徹底検 ...

続きを見る

おすすめ短編小説(20)妖し


妖し (文春文庫)

20冊目のおすすめは「妖し」。

こちらもオムニバス短編集となっています(↓)

10人の豪華執筆陣が〈怪異〉をテーマに描く、奇譚アンソロジー。

暑い日になぜか起こる奇怪なある出来事、風鈴の音が呼び覚ますもう一人のわたしの記憶、死んだはずの母が見えるわたし、病院から届いた友人のSOS、旧いブザーを押す招かざる客……。
それは不思議な夢か、それとも妄想か……。あなたが見ている世界は本物ですか? 極上の奇譚小説をあなたに――。

こんな感じで10人の作家が描くアンソロジー。

怖い短編集としても話題となりました。

怖めの短編集からお探しの方におすすめです。

おすすめ短編小説(21)ビタミンF


ビタミンF(新潮文庫)

21冊目のおすすめは「ビタミンF」。

こちらはこんな作品となっています(↓)

  • 2000年、新潮社刊行
  • 直木賞受賞作
  • 2002年、NHKBS2にてドラマ化

「ゲンコツ」から「母帰る」まで全7編を収録。

そして重松さんはこの作品で直木賞を受賞しました。

文学的評価の高い作品からお探しの方におすすめです。

38歳、いつの間にか「昔」や「若い頃」といった言葉に抵抗感がなくなった。40歳、中学一年生の息子としっくりいかない。妻の入院中、どう過ごせばいいのやら。36歳、「離婚してもいいけど」、妻が最近そう呟いた……。一時の輝きを失い、人生の“中途半端”な時期に差し掛かった人たちに贈るエール。「また、がんばってみるか――」、心の内で、こっそり呟きたくなる短編七編。直木賞受賞作。

Amazon.co.jpより引用

おすすめ短編小説(22)くまちゃん


くまちゃん(新潮文庫)

22冊目のおすすめは「くまちゃん」。

こちらは角田光代さんの短編となっています(↓)

風変わりなくまの絵柄の服に身を包む、芸術家気取りの英之。人生最大級の偶然に賭け、憧れのバンドマンに接近したゆりえ。舞台女優の夢を捨て、有望画家との結婚を狙う希麻子。ぱっとしない毎日が一変しそうな期待に、彼らはさっそく、身近な恋を整理しはじめるが……。ふる/ふられる、でつながる男女の輪に、学生以上・社会人未満の揺れる心を映した共感度抜群の「ふられ」小説。

こんな感じで、「ふり」「ふられ」る短編集!

色んな人が色んな気持ちで付き合っている恋愛小説。

角田光代の隠れた名作からお探しの方におすすめです。

おすすめ短編小説(23)紙の梟


紙の梟 ハーシュソサエティ (文春e-book)

23冊目のおすすめは貫井徳郎さんの「紙の梟」。

こちらはめっちゃ、読ませる作品となっています(↓)

ここは、人を一人殺したら死刑になる世界――。

私たちは厳しい社会(harsh society)に生きているのではないか?
そんな思いに駆られたことはないだろうか。一度道を踏み外したら、二度と普通の生活を送ることができないのではないかという緊張感。過剰なまでの「正しさ」を要求される社会。
人間の無意識を抑圧し、心の自由を奪う社会のいびつさを拡大し、白日の下にさらすのがこの小説である。

恐ろしくて歪んだ世界に五つの物語が私たちを導く。

Amazon.co.jpより引用

こんな感じで人1人を殺したら、死刑になる物語。

そんな世界も案外、いいんじゃない?

いえいえ、これが予想以上に厳しい社会(ハーシュ・ソサエティ)なのです。

少し考えさせられる作品をお探しの方におすすめです。

貫井徳郎「紙の梟-ハーシュソサエティ-」ネタバレあらすじと感想!

こんにちは。 彩人です。 「貫井徳郎の『紙の梟』のあらすじはどんな感じかな?」 今日はこんな方向けにブログを書いています。 僕は貫井徳郎を読むこと20年! そんな僕が「紙の梟」について書いています。 ...

続きを見る

おすすめ短編小説(24)麦本三歩の好きなもの


麦本三歩の好きなもの 第一集 (幻冬舎文庫)

24冊目のおすすめ小説は「麦本三歩の好きなもの」。

こちらも個人的におすすめです(↓)

  • 双葉社刊行
  • 続編の刊行あり
  • 住野よるの短編集

こんな感じで、第二集まで発売された作品。

そしてこちらがめっちゃ読みやすいんです(↓)

短いストーリーがいっぱいで、読みやすかった。笑顔でよめる!

Amazon.co.jpより引用

こんな感じでレビューも高評価!

住野よるの短編集からお探しの方におすすめです。

住野よる「麦本三歩の好きなもの」感想と考察【第三集はいつ発売?】

こんにちは。 彩人です。 「麦本三歩の好きなもの、みんなはどう読んだんだろう?」 「感想と考察が知りたい!」 今日はこんな方向けに書いています。 僕は住野よるさんは全冊読破! 中でも「麦本三歩の好きな ...

続きを見る

おすすめ短編小説(25)人質の朗読会


人質の朗読会 (中公文庫)

最後のおすすめは「人質の朗読会」。

こちらはこんな作品となっています(↓)

遠く隔絶された場所から、彼らの声は届いた――紙をめくる音、咳払い、慎み深い拍手で朗読会が始まる。祈りにも似たその行為に耳を澄ませるのは、人質たちと見張り役の犯人、そして……。人生のささやかな一場面が鮮やかに甦る。それは絶望ではなく、今日を生きるための物語。今はもういない人たちの声、誰の中にもある「物語」をそっとすくい上げて、しみじみと深く胸を打つ、小川洋子ならではの小説世界。

Amazon.co.jpより引用

こちらは人質が1人ずつ、お話を語っていくんです。

そのお話が不思議と胸を打つ!

ドラマ化もされ、話題となりました。

胸を打つ、静かな短編からお探しの方におすすめです。

読書初心者におすすめの短編小説まとめ

いかがでしたか?

今日は読書初心者でも読みやすい短編を特集してみました。

ちなみに >>今年のおすすめ本 などはこちらでご紹介しています(↓)

最近(2021〜24年)のおすすめ小説ランキング22選!【話題作】

こんにちは。 彩人です。 「最近のおすすめ小説が知りたい…!」 今日はこんな方向けに記事を書いています。 僕の年間読書量は150〜200冊!! そんな僕が最近出た小説をご紹介しています。 よろしくお願 ...

続きを見る

良かったらこちらもよろしくお願いします。

ではまた。

プロモーション

-おすすめ本