読書

病気とスピリチュアルおすすめ本6選!【病から知るスピリチュアル】

こんにちは。

彩人です。

病気とスピリチュアルの関係を学べる本はあるかな?

今日はこんな方向けにブログを書いています。

僕は7年前に精神安定剤を一気に断薬。

その時僕は「病気とスピリチュアル」について学びました。

今日はそのおすすめ本をご紹介しています。

よろしくお願いします。

あやと
執筆者・彩人プロフィール
・読書ブロガー
・日本大学文理学部卒業
・スピリチュアルを学ぶこと5年

病気とスピリチュアルのおすすめ本6選!

病気とスピリチュアルのおすすめ本①自分を愛して!



1冊目のおすすめ本は「自分を愛して!」です。

こちらでは「病気とスピリチュアルの関係」を病名ごとに解説。

例えば「下痢」に関してだとこんな感じで書かれています(↓)

下痢

肉体的レベル

「下痢とは消化管内のトラブルです。下痢になると、水様の便、または軟便が排泄されます。」

感情的なレベル

「下痢というのは、肉体的なレベルにおいて本来必要とされているものを排泄してしまっている現象ですが、それと同じことを感情面、精神面でも行っていることになります。本来なら自分にとって栄養になるはずの考え方を消化・吸収せずに捨ててしまっているわけです。」

精神的なレベル

「下痢になって苦しんでいるということは、あなたが自分を十分に尊重していないということ、自分を価値ある存在と考えていないということを教えてくれています。」

リズ・ブルボー「自分を愛して!」P114より一部引用

こんな感じで全部で3つに分けて解説。

ほぼ全ての病気が掲載されています。

「スピリチュアルと病気」について知りたい方にまず、おすすめです。

病気とスピリチュアルのおすすめ本②快癒力


 2冊目のおすすめ本は「快癒力」です。

こちらはこんな内容となっています(↓)

私の経験によれば難病が治るケースは次の3つしかありません。

第一に「病気をあきらめた人」、第二に「病気を忘れた人」、第三に「人のために尽くした人」です。

結論からいえば、病気にエネルギーを使わなくなってしまった人たちなのです。

篠原佳年「快癒力」P 31より引用

こんな感じで病気は意識が作るものと解説。

25年くらい前にベストセラーとなりました。

「意識」と「病気」について知りたい方におすすめです。

病気とスピリチュアルのおすすめ本③<からだ>の声を聞きなさい



3冊目のおすすめは「<からだ>の声を聞きなさい」。

こちらはこんな本となっています(↓)

本国カナダで数々のベストセラー記録を塗りかえ、ここ日本でも大きな感動を呼んだ名著が、増補改訂版で登場。世界19ヵ国語に翻訳。
新たに最終章を書き下ろし、全編を再構成して加筆修正した、ファン待望のスペシャル・エディション!

Amazon.co.jpより引用

こんな感じで身体とスピリチュアルについて解説。

「スピリチュアル」と「からだ」について知りたい方におすすめです。

病気とスピリチュアルのおすすめ本④五つの傷



4冊目のおすすめは「五つの傷」。

「五つの傷」が病気や行動を作るとしています。

その五つの傷とは、(↓)

  • <拒絶>による傷
  • <見捨て>による傷
  • <侮辱>による傷
  • <裏切り>による傷
  • <不正>による傷

こちらの五つ。

これらの傷をケアすると健康的に生きられるとしています。

心と病気について知りたい方におすすめです。

病気とスピリチュアルのおすすめ本⑤ありがとうの神様



5冊目のおすすめは「ありがとうの神様」です。

こちらの本は病気からお金、人間関係までを解説。

例えば病気の項目だとこんな目次となっています(↓)

  • 「トイレ掃除」を続けるとうつ状態が改善するらしい
  • 何事も完璧にやろうとする人は「花粉症」にかかりやすい
  • 末期ガンが自然治癒した人の共通点は、「ガンになってよかった」と心から感謝していたこと

こんな感じで病気とスピリチュアルを解説。

幅広い観点から病気を知りたい方におすすめです。

病気とスピリチュアルのおすすめ本⑥パーフェクト・ヘルス



最後のおすすめ本は「パーフェクト・ヘルス」です。

こちらはこんな本となっています(↓)

故マイケル・ジャクソン、マドンナ、ミランダ・カー、ゴルバチョフ元ソ連大統領、クリントン元米大統領など名だたるセレブたちに支持されるチョプラ博士が説くアーユルヴェーダの集大成!

この本は、「完全な健康」のための理論と方法をつまびらかに紹介しています。
その手法は、インドで5000年以上の歴史を持つ伝統医学「アーユルヴェーダ」を元にしたもの。

ほかにも「アロマセラピー」「瞑想」「ヨガ」……etc これらの技法は、どれもアーユルヴェーダに含まれています。すべての健康法のベースにあるとも言えるのがインドの伝統医学「アーユルヴェーダ」なのです。これに量子力学の考えを組み合わせ、独自に開発されたのがチョプラ博士の説く健康法です。

Amazon.co.jpより引用

こんな感じのスピリチュアル健康本。

インド医学からスピリチュアルを学びたい方におすすめです。

まとめ

いかがでしたか?

今日は「病気とスピリチュアル本」について書いてみました。

僕は他にもスピリチュアル本について書いています(↓)

さとうみつろうのおすすめ本5選!【楽しくスピリチュアルを知ろう】

こんにちは。 彩人です。 「さとうみつろうでおすすめ本ってあるかな?」 今日はこんな方向けに記事を書いています。 僕はスピリチュアルや怪しい本が大好き。 そんな僕がご紹介しています。 よろしくお願いし ...

続きを見る

良かったらこちらもよろしくお願いします。

ではまた。

スポンサーリンク

人気記事はこちら

1

こんにちは。 あやとです。 「村上春樹作品の売り上げや発行部数ってどのくらいなんだろう?」 今日はこんな方向けに記事を書いています。 村上春樹作品は700作品以上あるとされます。 その中でどれが一番売 ...

2

こんにちは。 彩人です。 「40代におすすめの自己啓発本ってあるのかな?」 今日は、こんな方向けに記事を書いています。 実は僕もちょうど40代。 読書ブロガーとしてたくさんの自己啓発本も読んできました ...

3

こんにちは。 彩人です。 「本を1円でも高く売る方法ってあるかな?」 今日はこんな方向けに記事を書いています。 僕は過去500冊以上の本を売却。 そんな僕が本を高く売る方法について解説しています。 よ ...

-読書