読書

三浦しをん「エレジーは流れない」のあらすじと感想【舞台はどこ?】

こんにちは。

彩人です。

三浦しをんの『エレジーは流れない』のあらすじが知りたい!

『エレジーは流れない』の舞台ってどこ?

今日はこんな方向けにブログを書いています。

僕は年間読書量の9割が小説!

そんな僕が解説しています。

よろしくお願いします。

あやと
執筆者・彩人プロフィール
・読書ブロガー
・日本大学文理学部卒業
・年間読書量の9割が小説

三浦しをん「エレジーは流れない」簡単なあらすじ、概要


エレジーは流れない

まず「エレジーは流れない」とはこんな作品です(↓)

  • 双葉社刊
  • 260ページ
  • 2021年4月発売
  • 文庫本は未刊行
  • 三浦しをん3年ぶりの新作小説

こんな作品となっています。

ではこちらの小説のあらすじはどんな感じなのでしょうか?

続いて見て行きたいと思います(↓)

あらすじ

温泉街で暮らす、高校生・怜。

かつては団体客で賑わっていましたが、今ではすっかり寂れてしまっています。

そんな主人公・怜は複雑な家庭環境。

なんと母親が2人います。

そして地元の「餅湯博物館」には強盗が入り…。

特に大きな事件は起こらない、ほのぼの日常ストーリー!

こんな感じの物語。

著者の「神去なあなあ日常」と雰囲気がとても似ています。

著者・三浦しをんさんからもこんなコメントがありました(↓)

この小説は、温泉街で暮らす高校生たちの話です。ぬるま湯に浸かっているみたいに、特に大きな事件もなく、将来への明確な夢もなく、かれらの日常はのんびりと過ぎていきます。(中略)そんな日常をおバカなノリで、けれど一生懸命に生きる登場人物たちを、応援していただければうれしいです。

双葉社のHPより引用

こんな感じの高校生のよくある日常を描写。

そのためあらすじも簡素なものとなっています。

ではこの小説の舞台はどこなのでしょうか?

続いて見て行きたいと思います。

三浦しをん「エレジーは流れない」の舞台は熱海?

続いて、作中の餅湯温泉とは、どこが舞台なのでしょうか?

こちらは感想サイトで少し、議論となっていました。

でも、僕は「熱海」だと思います。

なぜなら…(↓)

  • 感想サイトでも「熱海説」が多かった
  • お城もあり博物館もありそうなのは熱海くらい
  • 作者インタビューでも「熱海っぽい温泉街」と語られる
  • 著者・三浦しをんさんも過去、熱海の博物館を訪れている

こんな理由から。

なので熱海がモチーフなのではないかなと僕は思います。

実際、新幹線こだまが停まる温泉街は、熱海くらいしかないですもんね。

三浦しをん「エレジーは流れない」の感想と考察

最後に「エレジーは流れない」の感想はどんなものが多かったでしょうか?

こちらは読書メーターから抜粋してみました(↓)

多感な思春期の悩み、友人との楽しい生活がよく伝わってきた。 自分の過去と少し被る部分もあって、懐かしい気持ちにもなれた。

こんな自身の高校生像と重ねるという感想から、

長い中学生日記を読んでいる感じ。主人公は高校生だが。たいした事件もなく日常が続く話でこの文量書けるのがすごい。

日記でも読んでいるようだ、との声も多かったです。

僕の感想は、楽しめた!という感じ。

それもわちゃわちゃ楽しめた、というより、客観的に登場人物を楽しめた印象。

「もっちもっち、もちゆ~」というフレーズが残りました(笑)

読みどころとしては、「高校生が悩む進路、恋愛、友情」。

ここからどう、主人公が成長していけるかがポイントとなります。

自分は愛されて育ったのか?

親は自分のことをどう思っているのか?

主人公は出生の秘密を聞き、父親と出会うことで、成長しました。

自分の周りには「エレジーなんて流れていない!」と気付けたことが最大のポイントだったと思います。

まとめ

いかがでしたか?

今日は三浦しをんさんの「エレジーは流れない」についてまとめてみました。

僕はこんな感じでいろんな著書の感想を書いています。

奥田英朗「コロナと潜水服」感想・あらすじ・レビュー【大傑作でした】

こんにちは。 彩人です。 今日は奥田英朗さんの「コロナと潜水服」について書いています。 僕は奥田英朗は全作品、読破。 奥田英朗さんが大好きです。 そんな奥田作品の中でも3本の指に入るくらいの良さだった ...

続きを見る

良かったらこちらもよろしくお願いします。

ではまた。

スポンサーリンク

人気記事はこちら

1

こんにちは。 あやとです。 「村上春樹作品の売り上げや発行部数ってどのくらいなんだろう?」 今日はこんな方向けに記事を書いています。 村上春樹作品は700作品以上あるとされます。 その中でどれが一番売 ...

2

こんにちは。 彩人です。 「40代におすすめの自己啓発本ってあるのかな?」 今日は、こんな方向けに記事を書いています。 実は僕もちょうど40代。 読書ブロガーとしてたくさんの自己啓発本も読んできました ...

3

こんにちは。 彩人です。 「本を1円でも高く売る方法ってあるかな?」 今日はこんな方向けに記事を書いています。 僕は過去500冊以上の本の処分。 そんな僕が本を高く売る方法について解説しています。 よ ...

-読書

© 2022 あやとブログ Powered by AFFINGER5