読書

小説オワコン説を徹底検証!【もう本や小説は売れない時代なのか?】

こんにちは。

彩人です。

小説はもうオワコンなのかな?

今日はこんな方向けに記事を書いています。

僕は、読書ブロガー。

普段はこんな記事を書いています(↓)

売れる小説の傾向・特徴・共通点は何?【売れる理由を徹底分析!!】

こんにちは。 彩人です。 「売れる小説の共通点ってあるのかな?」 「売れる小説の傾向を知りたい!」 今日はこんな方向けに記事を書いています。 僕は読書ブロガー。 普段はこんな記事を書いています(↓) ...

続きを見る

こんな記事を書いているうちに、あることに気づきました。

それは、小説はオワコンではない!!ということに。

今日はそちらについて書いています。

よろしくお願いします。

あやと
執筆者・彩人プロフィール
・読書ブロガー
・日本大学文理学部卒業
・年間読書量は100〜150冊

小説がオワコンではない理由3つ

まず小説がオワコンではない理由は、3つあります。

  • ブロックチェーン技術の進歩
  • Kindleなど販売経路の多様化
  • 村上春樹も衰退することはないとしている

こんな理由から、小説はまだオワコンではないと言えます。

では、それぞれどんな理由でしょうか?

続いて、見て行きたいと思います。

小説がオワコンではない理由①ブロックチェーン技術の進歩

小説がオワコンではない理由、一つ目は、ブロックチェーン技術の進歩です。

例えば、今だと本を1回売ったら終わりですよね。

①書店で本を買う
②保管 or 古書店で売る

こちらしか選択肢がありません。

また②以降は、特に作者に利益って入りませんよね。

でもブロックチェーン技術が登場することで、②以降の金銭的流れが生じるとされています。

それを解説しているのがこちらの本(↓)


NFTの教科書

ブロックチェーンの技術で小説をNFT化。

するとこんな流れが生まれるそうです(↓)

①書店で本を買う
②読む
③売る(転売)

こんな風に①と③でお金の流れが発生するそう。

ここで注目したいのは、③売る(転売)。

現状では本を売った際って、作者に利益は入りませんよね。

なので1回販売すれば、利益は入らない仕組みとなっています。

ところがNFT化した小説だと、転売でも作者に利益が入るそう。

なので小説は、儲かるという仕組みです。

小説がオワコンではない理由②Kindleなど販売経路の多様化

2つ目の小説がオワコンではない理由は「Kindle」など販売経路の多様化です。

例えば、現状の販売経路は、

  • 自費出版
  • 出版社で出版

この2つしか選択肢がありませんよね。

でもここに、

  • Kindle
  • NFT

が登場しています。

つまり販売経路が4パターンに増えたわけです。

  • NFT小説
  • Kindle出版
  • 自費出版
  • 出版社からの出版

この4パターンになりました。

ここで注目したいのは「Kindle出版」。

例えば、Kindleで本を出版するとします。

すると、ページ数×0.5円が入るそう(Kindle unlimitedの場合)。

つまり200ページ読まれて100円ほど。

仮に読者が1000人いたら、10万円。

1万人いたら100万円ですよね。

これってすごくないですか?

なぜなら現状の作家もそのくらいとされるからです(>>作家の年収を詳しく解説、より)。

しかもKindle作家の場合、

  • 儲かる
  • 誰でも参加可能

こんな仕組みがあります。

なので小説は、オワコンではないと思います。

小説がオワコンではない理由③村上春樹も「小説の衰退」には否定的

3つ目のオワコンではない理由は、村上春樹さんも否定的だから、です。

こちらは「職業としての小説家」という本で語られています(↓)。


職業としての小説家 (新潮文庫)

物語というものはもともと現実のメタファーとして存在するものですし、人々は変動する周囲の現実のシステムに追いつくために、あるいはそこからふるい落とされないために、自らの内なる場所に据えるべき新たな物語=新たなメタファー・システムを必要とします。

村上春樹「職業としての小説家」P316より引用

こんな感じで、物語が必要な理由を説明。

どんな時代でも物語が必要になると語っています。

なので小説は、オワコンではないと思います。

まとめ

いかがでしたか?

今日は小説がオワコンではない理由について書いてみました。

僕は他にも読書記事を書いています。

本を捨てる基準はこれだ!パターン毎に徹底解説【失敗しない捨て方】

こんにちは。 あやとです。 「本を捨てる時の基準が知りたい!」 今日はこんな方向けに記事を書いています。 僕は過去、500以上の本の断捨離に成功! そんな僕が本を捨てる基準について解説しています。 よ ...

続きを見る

良かったらこちらもよろしくお願いします(↓)

ではまた。

スポンサーリンク

人気記事はこちら

1

こんにちは。 あやとです。 「村上春樹作品の売り上げや発行部数ってどのくらいなんだろう?」 今日はこんな方向けに記事を書いています。 村上春樹作品は700作品以上あるとされます。 その中でどれが一番売 ...

2

こんにちは。 彩人です。 「40代におすすめの自己啓発本ってあるのかな?」 今日は、こんな方向けに記事を書いています。 実は僕もちょうど40代。 読書ブロガーとしてたくさんの自己啓発本も読んできました ...

3

こんにちは。 彩人です。 「本を1円でも高く売る方法ってあるかな?」 今日はこんな方向けに記事を書いています。 僕は過去500冊以上の本を売却。 そんな僕が本を高く売る方法について解説しています。 よ ...

-読書