読書

【2022年発売!】買って良かった小説や本のランキング12選!!

こんにちは。

彩人です。

2022年発売のおすすめ小説ってあるかな?

今日はこんな方向けにブログを書いています。

僕は今年120冊近くの小説を読破!

その中で「これは…!!」という作品をご紹介しています。

よろしくお願いします。

あやと
執筆者・野田彩人プロフィール
・読書ブロガー
・日本大学文理学部卒業
・年間読書量は100〜150冊

【2022年発売!】読んで良かったおすすめ本ランキング12選!

2022年発売!おすすめ小説ランキング1位:マスカレード・ゲーム(東野圭吾)



今年買って良かった小説第1位は、「マスカレード・ゲーム」です。

こちらはこんな作品となっています(↓)

  • 集英社刊行
  • 2022年4月発売
  • シリーズ累計495万部突破!
  • マスカレードシリーズ第4作目

こんな感じの東野圭吾さんの最新作!

マスカレードシリーズ4冊目として話題にもなりました。

ベストセラー作品からお探しの方におすすめです。

東野圭吾「マスカレード・ゲーム」の徹底解説&考察!山岸は?完結?

こんにちは。 彩人です。 「『マスカレード・ゲーム』のネタバレ解説が知りたい!」 「『マスカレード・ゲーム』には山岸尚美は登場する?」 今日はこんな方向けに記事を書いています。 僕は東野圭吾の読者歴2 ...

続きを見る

2022年発売!おすすめ小説ランキング2位:リバー(奥田英朗)



2022年、おすすめ小説ランキング2位は奥田英朗「リバー」。

こちらはこんな作品となっています(↓)

  • 集英社刊行
  • 全656ページ
  • 2022年9月発売
  • 連続殺人犯をめぐる奥田英朗の群像劇

こんな感じの奥田英朗さんの最新長編。

こちらがめっちゃ、面白い!!(↓)

同一犯か? 模倣犯か?
群馬県桐生市と栃木県足利市を流れる渡良瀬川の河川敷で相次いで女性の死体が発見!
十年前の未解決連続殺人事件と酷似した手口が、街を凍らせていく。
かつて容疑をかけられた男。取り調べを担当した元刑事。
娘を殺され、執念深く犯人捜しを続ける父親。
若手新聞記者。一風変わった犯罪心理学者。新たな容疑者たち。
十年分の苦悩と悔恨は、真実を暴き出せるのか───
人間の業と情を抉る無上の群像劇×緊迫感溢れる圧巻の犯罪小説!

Amazon.co.jpより引用

こんな感じの群像劇なのですが、読ませる、読ませる!!

656ページもあるのに僕は、2晩で読んでしまいました。

骨太作品からお探しの方におすすめです。

2022年発売!おすすめ小説ランキング3位:栞と嘘の季節(米澤穂信)



ランキング第3位は、米澤穂信さんの「栞と嘘の季節」。

こちらもめっちゃ面白い作品となっています(↓)

猛毒の栞をめぐる、幾重もの嘘。

高校で図書委員を務める堀川次郎と松倉詩門。
ある放課後、図書室の返却本の中に押し花の栞が挟まっているのに気づく。
小さくかわいらしいその花は――猛毒のトリカブトだった。
持ち主を捜す中で、ふたりは校舎裏でトリカブトが栽培されているのを発見する。
そして、ついに男性教師が中毒で救急搬送されてしまった。
誰が教師を殺そうとしたのか。次は誰が狙われるのか……。
「その栞は自分のものだ」と嘘をついて近づいてきた同学年の女子・瀬野とともに、ふたりは真相を追う。
直木賞受賞第一作は、著者の原点とも言える青春ミステリ長編!

Amazon.co.jpより引用

こんな感じの青春ミステリー。

謎解きから、設定まで全て楽しめる作品となっています。

青春ミステリーからお探しの方におすすめです。

2022年発売!おすすめ小説ランキング4位:夜に星を放つ(窪美澄)



4位は窪美澄さんの「夜に星を放つ」。

こちらは今年の直木賞作品となっています(↓)

  • 文藝春秋刊
  • 全220ページ
  • 全5編の短編集
  • 発売日2022年5月
  • 窪美澄の第167回直木賞受賞作

こんな感じの直木賞受賞作。

窪さんらしい、大人の短編が魅力となっています。

直木賞受賞作品からお探しの方におすすめです。

窪美澄・直木賞受賞作「夜に星を放つ」の感想と考察【文庫情報あり】

こんにちは。 彩人です。 「窪美澄さんの『夜に星を放つ』の感想ってどんな感じだろう?」 「『夜に星を放つ』の文庫本はもう出てる?」 今日はこんな方向けに記事を書いています。 僕は窪美澄作品はほぼ全作品 ...

続きを見る

2022年発売!おすすめ小説ランキング5位:おいしいごはんが食べられますように(芥川賞受賞作)



ランキング5位は「おいしいごはんが食べられますように」。

こちらは芥川賞を受賞し、話題となりました(↓)

  • 講談社
  • 114ページ
  • 2022年3月発売
  • 第167回芥川賞受賞
  • 2022年で15万部突破!

こんな感じの芥川賞受賞作。

やや難しめの作品なのですが、僕はすでに今年2回読破!

とても考えさせられる作品となっています。

芥川賞受賞作品からお探しの方におすすめです。

芥川賞「おいしいごはんが食べられますように」あらすじと結末考察!

こんにちは。 彩人です。 「おいしいごはんが食べられますようにのあらすじが知りたい…!」 「おいしいごはんが食べられますようにを考察してるサイトってあるかな?」 今日はこんな方向けに、ブログを書いてい ...

続きを見る

2022年発売!おすすめ小説ランキング6位:マイクロスパイ・アンサンブル(伊坂幸太郎)



6位は伊坂幸太郎さんの「マイクロスパイ・アンサンブル」。

こちらはこんな作品となっています(↓)

  • 183ページ
  • 幻冬舎刊行
  • 1430円(税込)
  • 2022年4月発売
  • 猪苗代湖音楽フェス「オハラ☆ブレイク」のために書かれた作品

こちらはちょっと変わった中編作品。

伊坂幸太郎さんの最新作品となっています。

一風変わった伊坂作品からお探しの方におすすめです。

伊坂幸太郎「マイクロスパイアンサンブル」の感想【ラストの雪とは?】

こんにちは。 彩人です。 「マイクロスパイアンサンブルの感想はどんな感じ?」 「ラストの雪は何だったんだろう?」 今日はこんな方向けに記事を書いています。 僕は、「マイクロスパイアンサンブル」を複数回 ...

続きを見る

2022年発売!おすすめ小説ランキング7位:紙の梟(貫井徳郎)



7位は貫井徳郎さんの「紙の梟」。

こちらもめっちゃ、読ませる作品となっています(↓)

ここは、人を一人殺したら死刑になる世界――。

私たちは厳しい社会(harsh society)に生きているのではないか?
そんな思いに駆られたことはないだろうか。一度道を踏み外したら、二度と普通の生活を送ることができないのではないかという緊張感。過剰なまでの「正しさ」を要求される社会。
人間の無意識を抑圧し、心の自由を奪う社会のいびつさを拡大し、白日の下にさらすのがこの小説である。

恐ろしくて歪んだ世界に五つの物語が私たちを導く。

Amazon.co.jpより引用

こんな感じの人1人を殺したら、必ず死刑になる物語。

そんな世界も案外、いいんじゃない?

いえいえ、これが予想以上に厳しい社会(ハーシュ・ソサエティ)なのです。

少し考えさせられる作品をお探しの方におすすめです。

貫井徳郎「紙の梟-ハーシュソサエティ-」あらすじと感想・レビュー

こんにちは。 彩人です。 「貫井徳郎の『紙の梟』の感想やあらすじはどんな感じかな?」 今日はこんな方向けにブログを書いています。 僕は貫井徳郎を読むこと20年! そんな僕が「紙の梟」について書いていま ...

続きを見る

2022年発売!おすすめ小説ランキング8位:嘘つきジェンガ(辻村深月)



第8位は辻村深月さんの「嘘つきジェンガ」です。

こちらはこんな作品となっています(↓)

  • 文藝春秋刊
  • 全288ページ
  • 2022年8月発売
  • 3つの短編から成る小説
  • 1話目「2020年のロマンス詐欺」は「神様の罠」にも収録

こんな感じの「詐欺」をめぐる短編集。

そしてこれがめっちゃ、読ませるんです!!

例えば、「2020年のロマンス詐欺」。

こちらの舞台は、なんとコロナ禍。

その中で主人公が詐欺に引っかかってしまうのですが、結末がとてもいい!

時間を忘れて読書したい方におすすめです。

辻村深月「嘘つきジェンガ」のネタバレありのあらすじと感想・考察!

こんにちは。 彩人です。 「辻村深月さんの嘘つきジェンガのあらすじが知りたい!」 「嘘つきジェンガをネタバレありで考察しているサイトってあるかな?」 今日はこんな方向けに記事を書いています。 僕は年間 ...

続きを見る

2022年発売!おすすめ小説ランキング9位:あの子とQ(万城目学)



ランキング9位は、万城目学さんの「あの子とQ」。

こちらはなんとドラキュラ小説となっています(↓)

普段は吸血鬼であることを意識せず過ごす高校生・嵐野弓子。

そこに「Q」と呼ばれる、バケモノが登場します。

Qは弓子が誕生日まで他人を吸血しないかを見張っているそう。

そしてそんな誕生日に待ち受ける出来事とは?!

恋アリ・青春アリ・吸血鬼アリ!? 嵐野弓子、17歳の大冒険!

こんな感じの一風変わった万城目作品。

でも実は、Amazon評価も高いんです(↓)

恥ずかしながら、初めての万城目作品。
「吸血鬼という設定以外は、おもしろい青春ものだな」というのが読み始めの印象。コミカルなやり取りが中心ながら、テンポよくしっかり読ませる展開に、「久々に青春ものを満喫するか」と軽い気持ちで読み進めたのですが…。良い意味で裏切られました。描く場面に応じた緊張感の出し入れが絶妙!!いや~、本当に面白かった!

Amazon.co.jpより引用

こんな感じで、意外と高評価。

万城目さんを読んだことない方でも楽しめる作品となっています。

万城目学「あの子とQ」のネタバレありのレビューと感想【徹底考察】

こんにちは。 彩人です。 「万城目学さんの『あの子とQ』ってどんな作品なんだろう?」 今日はこんな方向けに記事を書いています。 僕は万城目さんの小説はほぼ全冊読破! そんな僕が「あの子とQ」の考察&レ ...

続きを見る

2022年発売!おすすめ小説ランキング10位:君のクイズ(小川哲)



ランキング10位は小川哲さんの「君のクイズ」。

こちらもめっちゃ楽しめる作品となっています(↓)

『Q-1グランプリ』決勝戦。クイズプレーヤー三島玲央は、対戦相手・本庄の不可解な正答をいぶかしむ。彼はなぜ正答できたのか? 真相解明のため彼について調べ決勝を1問ずつ振り返る三島は──。一気読み必至! 鬼才の放つ唯一無二のクイズ小説。

Amazon.co.jpより引用

こんな感じの「クイズ小説」。

そしてこれがめっちゃ、面白い!!

1000万円がかかったクイズのラスト問題。

そこでクイズが読み上げられる前に対戦相手が正解してしまうのです。

それは「やらせ」か否かをめぐるミステリー。

短めのミステリー作品からお探しの方におすすめです。

小川哲「君のクイズ」ネタバレありのあらすじ&感想!周りの評価は?

こんにちは。 彩人です。 「君のクイズのネタバレありのあらすじが知りたい…!」 今日はこんな方向けにブログを書いています。 僕は年間読書量の9割が小説! そんな僕が「君のクイズ」を考察しています。 よ ...

続きを見る

2022年発売!おすすめ小説ランキング11位:とんこつQ&A(今村夏子)



ランキング第11位は「とんこつQ&A」。

こちらは個人的にイチオシです(↓)

元々は「敦煌(とんこう)」だった店名に7年前務め出した主人公。

でも台風で店の看板が壊れてしまったため「とんこつ」という名になってしまいました。

ちなみにとんこつラーメンは扱っていません。

そんな主人公は文章なら読めるけど、ソラでは接客できない体質。

そこで「いらっしゃいませ」などのQ&Aを作ることにしました。

例えばこんな感じ(↓)

Q1.トイレどこ?
A1.右手奥の扉です。

これなら主人公もお客さんとのやりとりができます。

こんな感じの設定から変わりまくりの1冊。

もう、今村夏子ワールド全開の作品となっています。

変わった小説からお探しの方におすすめです。

今村夏子「とんこつQ&A」の解説と徹底考察!【結末まで読み解く】

こんにちは。 彩人です。 「今村夏子の『とんこつQ&A』を解説しているサイトはあるかな?」 今日はこんな方向けにブログを書いています。 僕は今村夏子はほぼ全冊読破! そんな僕が考察&解説しています。 ...

続きを見る

2022年発売!おすすめ小説ランキング12位:腹を割ったら血が出るだけさ(住野よる)



最後のおすすめは、住野よるさんの「腹を割ったら血が出るだけさ」。

こちらは、若者に人気の作品となっています(↓)

高校生の茜寧は、友達や恋人に囲まれ充実した日々を送っている。しかしそれは、「愛されたい」という感情に縛られ、偽りの自分を演じ続けるという苦しい毎日だった。ある日、茜寧は愛読する小説の登場人物、〈あい〉にそっくりな人と街で出逢い――。 いくつもの人生が交差して響き合う、極上の青春群像劇。

Amazon.co.jpより引用

こんな感じの青春群像劇。

若すぎる悩みゆえか「おじさんにはわからなかった」という感想もちらほら。

若者に人気の作品からお探しの方におすすめです。

住野よる「腹を割ったら血が出るだけさ」あらすじ&解説&徹底考察!

こんにちは。 彩人です。 「『腹を割ったら血が出るだけさ』のあらすじが知りたい!」 「『腹を割ったら血が出るだけさ』を解説してるサイトはある?」 今日はこんな方向けに記事を書いています。 僕は住野作品 ...

続きを見る

まとめ

いかがでしたか?

今日は2022年発売のおすすめ小説をまとめてみました。

僕は他にも分厚い小説などもご紹介しています(↓)

分厚い本・小説おすすめ10選!【飽きない分厚い本といえばコレだ!】

こんにちは。 彩人です。 「分厚い本や小説はどんなものがあるだろう?」 今日はこんな方向けに、記事を書いています。 僕は年間読書量の9割が小説! そんな僕が分厚い本をご紹介しています。 よろしくお願い ...

続きを見る

良かったらこちらもよろしくお願いします。

ではまた。

スポンサーリンク

人気記事はこちら

1

こんにちは。 彩人です。 『村上春樹さんの最高傑作って何だろう?』 今日はこんな方向けに記事を書いています。 エッセイや対談、翻訳本などを合わせると700作品以上! 今日はその中でどれが最高傑作なのか ...

2

こんにちは。 彩人です。 「40代におすすめの自己啓発本ってあるのかな?」 今日は、こんな方向けに記事を書いています。 実は僕もちょうど40代。 読書ブロガーとしてたくさんの自己啓発本も読んできました ...

3

こんにちは。 彩人です。 「東野圭吾の新作はいつ出るんだろう?」 今日はこんな方向けに記事を書いています。 僕は東野圭吾の読者歴25年! そんな僕が、 今年の新作(2023年) 既に出た新作(2022 ...

4

こんにちは。 彩人です。 「村上春樹の新作はいつ出るんだろう?」 今日はこんな方向けに記事を書いています。 僕は年間読書量の1/3が村上春樹。 そんな僕が解説しています。 よろしくお願いします。 あや ...

5

こんにちは。 彩人です。 「Kindle Unlimitedの2ヶ月99円って、いつまでかな?」 今日はこんな方向けに記事を書いています。 2023年1月11日までだった2ヶ月99円キャンペーン。 実 ...

-読書