おすすめ本

【2023年最新】日本人の有名おすすめ現代作家・小説家55選!!

こんにちは。

彩人です。

日本人の有名作家が知りたい…!

今日はこんな方向けに記事を書いています。

僕の年間読書量は100〜150冊!

そんな僕がおすすめの作家・小説家をご紹介しています。

よろしくお願いします。

あやと
あやと
執筆者・彩人プロフィール
・読書ブロガー
・日本大学文理学部卒業
・年間読書量は100〜150冊!

日本人の有名おすすめ現代作家・小説家55選!

おすすめ日本人作家・小説家①東野圭吾


容疑者Xの献身 (文春文庫)

1人目のおすすめは「東野圭吾」さん。

東野圭吾さんとはこんな作家さんです(↓)

  • 江戸川乱歩賞受賞でデビュー
  • 直木賞受賞
  • 日本推理作家協会賞受賞
  • 柴田錬三郎賞受賞
  • 中央公論文芸賞受賞
  • 吉川英治文学賞受賞
  • 米・エドガー賞候補

こんな感じで累計売り上げは1億冊!

数々の作品が映像化されました。

一番人気の作家からお探しの方におすすめです。

東野圭吾の最高傑作&代表作はコレだ!【ランキング形式ベスト10】

こんにちは。 彩人です。 「東野圭吾の代表作ってなんだろう?」 「東野圭吾の最高傑作は何かな?」 今日はこんな方向けに記事を書いています。 僕は東野圭吾のファン歴25年! そんな僕が解説しています。 ...

続きを見る

おすすめ日本人作家・小説家②村上春樹


ノルウェイの森 (講談社文庫)

2番目のおすすめは「村上春樹」さん。

村上さんはこんな作家さんです(↓)

  • 「風の歌を聴け」でデビュー
  • 「ノルウェイの森」が1000万部突破
  • 「1Q84」が毎日出版芸術賞
  • 2009年エルサレム賞受賞
  • 2018年芸術文化勲章受賞
  • 谷崎潤一郎賞受賞
  • 2022年、チーノ・デル・ドゥーカ賞受賞

こんな感じで世界的に活躍している作家さん。

ノーベル賞候補者の1人としても話題ですよね。

世界的な作家さんからお探しの方におすすめです。

初心者におすすめ!読みやすい村上春樹作品5選!【最初に読む1冊】

こんにちは。 彩人です。 「村上春樹ってどれから読み始めたらいいんだろう?」 今日はこんな方向けに記事を書いています。 突然ですが村上春樹ってこんなイメージが強くないですか?(↓) 難しい 有名作家 ...

続きを見る

おすすめ日本人作家・小説家③伊坂幸太郎


ゴールデンスランバー(新潮文庫)

3番目のおすすめは「伊坂幸太郎」さん。

彼はこんな作家さんとなっています(↓)

  • 吉川英治文学新人賞受賞
  • 山本周五郎賞受賞
  • 2008年本屋大賞受賞
  • 柴田錬三郎賞受賞
  • 「ゴールデンスランバー」が映画化
  • 代表作に「重力ピエロ」「逆ソクラテス」など

こんな感じで彼も日本を代表する作家さん。

人気のある作家さんからお探しの方におすすめです。

伊坂幸太郎の最高傑作&代表作品はコレだ!【ランキング形式で発表】

こんにちは。 彩人です。 「伊坂幸太郎の最高傑作はなんだろう?」 「どれが伊坂幸太郎の代表作なの?」 今日はこんな方向けにブログを書いています。 僕は伊坂幸太郎を愛読すること20年! そんな僕が徹底検 ...

続きを見る

おすすめ日本人作家・小説家④重松清


ビタミンF(新潮文庫)

4人目のおすすめは「重松清」さん。

重松清さんとはこんな作家さんです(↓)

  • 直木賞受賞
  • 山本周五郎賞受賞
  • 吉川英治文学賞受賞
  • 毎日出版文化賞受賞
  • 「とんび」がドラマ化、映画化

こんな感じで泣ける作品が多い作家さん。

「とんび」や「流星ワゴン」が話題となりました。

泣ける作家さんからお探しの方におすすめです。

重松清の泣ける&おすすめ短編7選!【短編でも重松節を堪能しよう】

こんにちは。 彩人です。 「重松清の泣けるおすすめ短編ってあるかな?」 今日はこんな方向けに記事を書いています。 僕は重松清を読むこと20年。 重松清の大ファンです。 そんな僕が解説しています。 よろ ...

続きを見る

おすすめ日本人作家・小説家⑤池井戸潤


下町ロケット (小学館文庫)

5人目のおすすめは「池井戸潤」さん。

彼はこんな作家さんです(↓)

  • 江戸川乱歩賞受賞
  • 直木賞受賞
  • 吉川英治文学新人賞
  • ドラマ「半沢直樹」の作者
  • 「花咲舞は黙ってない」「民王」など映像化作品多数

こんな感じで映像化作品が多い作家さん。

「半沢直樹」の作者としても知られていますよね。

映像化が多い作家さんからお探しの方におすすめです。

おすすめ日本人作家・小説家⑥宮部みゆき


理由 (朝日文庫)

6人目のおすすめは「宮部みゆき」さん。

彼女はこんな作家さんです(↓)

  • 直木賞受賞
  • 山本周五郎賞受賞
  • 毎日芸術出版賞受賞
  • 「模倣犯」がドラマ化、映画化
  • 「ぼんくら」など時代小説も多数

こんな感じで日本を代表する作家さん。

「理由」「模倣犯」でも知られています。

女性の有名作家さんからお探しの方におすすめです。

おすすめ日本人作家・小説家⑦米澤穂信


黒牢城 (角川書店単行本)

7人目のおすすめは「米澤穂信」さん。

米澤穂信さんはこんな作家さんです(↓)

  • 山田風太郎賞受賞
  • 直木賞受賞(黒牢城)
  • 山本周五郎賞(満願)
  • インシテミルが映画化
  • 2年連続「このミステリが読みたい」受賞
  • 2年連続「週刊文春ミステリ」受賞

こんな感じで去年直木賞を受賞。

ミステリ賞を総なめにし、話題となりました。

ミステリー作家さんからお探しの方におすすめです。

おすすめ日本人作家・小説家⑧道尾秀介


向日葵の咲かない夏(新潮文庫)

8人目のおすすめは「道尾秀介」さん。

道尾秀介さんはこんな作家さんです(↓)

  • 大藪春彦賞受賞(龍神の雨)
  • 山本周五郎賞受賞(光媒の花)
  • 直木賞受賞(月と蟹)
  • 「向日葵の咲かない夏」で83万部突破
  • ミュージシャンとしても活動

こんな感じで読みやすいミステリー作家さん。

「いけないシリーズ」「神シリーズ」などで知られています。

文学とミステリ作家さんからお探しの方におすすめです。

おすすめ日本人作家・小説家⑨湊かなえ


告白 (双葉文庫)

9人目のおすすめは「湊かなえ」さん。

彼女はこんな作家さんです(↓)

  • 山本周五郎賞受賞
  • デビュー作「告白」が映画化
  • デビュー作「告白」が254万部突破
  • 「高校入試」がドラマ化
  • 「夜行観覧車」「往復書簡」などドラマ化作品多数

こんな感じで数々の映像化が話題の作家さん。

デビュー作「告白」で一躍注目を浴びました。

売れている女性作家さんからお探しの方におすすめです。

おすすめ日本人作家・小説家⑩辻村深月


鍵のない夢を見る (文春文庫)

10人目のおすすめ作家さんは「辻村深月」さん。

彼女はこんな作家さんです(↓)

  • 「鍵のない夢を見る」で直木賞受賞
  • 「かがみの孤城」で本屋大賞受賞
  • 「朝が来る」が映画化
  • 2019年、ベスト・マザー賞受賞

こんな感じで本屋大賞から直木賞まで受賞。

「かがみの孤城」「朝が来る」が話題となりました。

女性人気作家さんからお探しの方におすすめです。

おすすめ日本人作家・小説家(11)原田マハ


楽園のカンヴァス(新潮文庫)

11人目のおすすめ作家さんは「原田マハ」さん。

原田マハさんとはこんな作家さんとなっています(↓)

  • 「楽園のカンヴァス」で山本周五郎賞受賞
  • 「キネマの神様」が映画化
  • 「カフーを待ちわびて」が日本ラブストーリー大賞受賞
  • 「リーチ先生」で新田次郎賞受賞
  • 「暗幕のゲルニカ」が直木賞候補

こんな感じで出版点数が多い作家さん。

芸術・絵画系作品が多いことでも知られています。

色々な作品からお探しの方におすすめです。

おすすめ日本人作家・小説家(12)恩田陸


蜜蜂と遠雷(上) (幻冬舎文庫)

12人目のおすすめは「恩田陸」さん。

彼女はこんな作家さんです(↓)

  • 「夜のピクニック」で本屋大賞受賞
  • 「蜂蜜と遠雷」で直木賞・本屋大賞受賞
  • 2016年、宮城県芸術選奨文芸部門選出
  • 「中庭の出来事」で山本周五郎賞受賞

こんな感じでベテランの作家さん。

直木賞と本屋大賞W受賞でも話題となりました。

たくさんの作品から選びたい方におすすめです。

おすすめ日本人作家・小説家(13)有川ひろ


図書館戦争 図書館戦争シリーズ (1) (角川文庫)

13人目のおすすめは「有川ひろ」さん。

彼女はこんな作家さんとなっています(↓)

  • 「図書館戦争シリーズ」が映画化
  • 「阪急電車」が映画化
  • 「三匹のおっさん」がドラマ化

こんな感じで映像化が多いのが特徴。

「キケン」「県庁おもてなし課」「植物図鑑」などが代表作。

映像化が多い作家さんからお探しの方におすすめです。

おすすめ日本人作家・小説家(14)西加奈子


サラバ! 上 (小学館文庫)

14人目の作家さんは「西加奈子」さん。

彼女はこんな作家さんです(↓)

  • 「サラバ!」で直木賞受賞
  • 「ふくわらい」で河合隼雄物語賞受賞
  • 「きいろいゾウ」が映画化
  • 「漁港の肉子ちゃん」がアニメ映画化
  • 「さくら」が売り上げ20万部突破

こんな感じの彼女も日本を代表する作家さん。

メジャーな作家さんからお探しの方におすすめです。

おすすめ日本人作家・小説家(15)瀬尾まいこ


そして、バトンは渡された (文春文庫)

15人目のおすすめは「瀬尾まいこ」さん。

彼女はこんな作家さんとなっています(↓)

  • 「幸福な食卓」で吉川英治文学新人賞受賞
  • 「そして、バトンは渡された」で本屋大賞受賞
  • 「戸村飯店 青春100連発」で坪田譲治文学賞受賞

こんな感じの今をときめく作家さん。

「そして、バトンは渡された」が知られています。

読みやすい女性作家さんからお探しの方におすすめです。

おすすめ日本人作家・小説家(16)角田光代


八日目の蝉 (中公文庫)

16人目のおすすめは「角田光代」さん。

彼女はこんな作家さんとなっています(↓)

  • 「空中庭園」で婦人公論文芸賞受賞
  • 「対岸の彼女」で直木賞受賞
  • 「八日目の蝉」が映画化、中央公論文芸賞受賞
  • 「紙の月」が映画化、柴田錬三郎賞受賞
  • 「かなたの子」が泉鏡花文学賞受賞
  • 「私の中の彼女」が河合隼雄物語賞受賞

こんな感じでそうそうたる受賞歴。

多くの作品が映画・ドラマ化されました。

有名な女性作家さんからお探しの方におすすめです。

おすすめ日本人作家・小説家(17)柚木裕子


孤狼の血 「孤狼の血」シリーズ (角川文庫)

17人目のおすすめは「柚木裕子」さん。

彼女はこんな作家さんとなっています(↓)

  • 「検事の本懐」で大藪春彦賞受賞
  • 「狐狼の血」で日本推理作家協会賞受賞
  • 「慈雨」が本の雑誌が選ぶ2016年度ベスト1位

こんな感じで今話題の作家さん。

本格ミステリ作家さんからお探しの方におすすめです。

おすすめ日本人作家・小説家(18)中村文則


教団X (集英社文芸単行本)

18人目のおすすめは「中村文則」さん。

彼はこんな作家さんとなっています(↓)

  • 「土の中の子供」で芥川賞受賞
  • 「掬模-スリ-」で大江健三郎賞受賞
  • 「遮光」で野間新人文芸賞受賞
  • 去年の冬、きみと別れ」が映画化
  • 「教団X」「私の消滅」「R帝国」などが代表作

こんな感じで海外でも人気の作家さん。

アメリカではデイビッド・グーディス賞を受賞しました。

文学性の高い作家さんからお探しの方におすすめです。

おすすめ日本人作家・小説家(19)黒川博行


後妻業 (文春文庫)

19人目のおすすめは「黒川博行」さん。

彼はこんな作家さんとなっています(↓)

  • 「カウント・プラン」で日本推理作家協会賞受賞
  • 「後妻業」が2016年、映画化、2019年、ドラマ化
  • 「破門」が直木賞受賞、映画化、ドラマ化

こんな感じで昔から活躍されている作家さん。

コアなファンが多いことで知られています。

「男の小説」からお探しの方におすすめです。

おすすめ日本人作家・小説家(20)貴志祐介


悪の教典(上) (文春文庫)

20番目のおすすめは「貴志祐介」さん。

彼はこんな作家さんとなっています(↓)

  • 「黒い家」で日本ホラー大賞受賞
  • 「悪の教典」で直木賞受賞
  • 「防犯探偵・榎本シリーズ」がドラマ化
  • 「新世界より」が日本SF大賞受賞
  • 「青の炎」が映画化

こんな感じで出す作品、出す作品ヒットに恵まれる作家さん。

「悪の教典」「鍵のかかった部屋」が話題となりました。

ベテラン男性作家さんからお探しの方におすすめです。

おすすめ日本人作家・小説家(21)奥田英朗


イン・ザ・プール ドクター伊良部 (文春文庫)

21人目のおすすめは「奥田英朗」さん。

奥田さんは個人的におすすめです(↓)

  • 「空中ブランコ」で直木賞受賞
  • 「邪魔」が大藪春彦賞受賞
  • 「家日和」で柴田錬三郎賞受賞
  • 「オリンピックの身代金」で吉川英治文学賞受賞

こんな感じの超売れっ子作家さん。

伊良部シリーズはドラマ化もされ話題となりました。

確実な作家さんからお探しの方におすすめです。

奥田英朗のおすすめ小説12選!【最高傑作&代表作から読もう!!】

こんにちは。 彩人です。 「奥田英朗のおすすめや最高傑作が知りたい…!」 今日はこんな方向けに記事を書いています。 僕は奥田英朗の読者歴20年!! 作品はほぼ全冊、読破しました。 そんな僕がおすすめ作 ...

続きを見る

おすすめ日本人作家・小説家(22)窪美澄


夜に星を放つ (文春e-book)

22番目のおすすめは「窪美澄」さん。

彼女はこんな作家さんとなっています(↓)

  • 「ふがいない僕は空を見た」で山本周五郎賞受賞
  • 「晴天の迷いクジラ」で山田風太郎賞受賞
  • 「トリニティ」で織田作之助賞受賞
  • 「夜に星を放つ」で直木賞受賞

こんな感じで「性」や「青春」を描く作家さん。

去年の直木賞受賞も話題となりました。

流行りの女性作家さんからお探しの方におすすめです。

窪美澄おすすめ本11選!【直木賞受賞作から有名作まで一挙ご紹介】

こんにちは。 彩人です。 「窪美澄さんのおすすめ作品ってあるかな?」 今日はこんな方向けに記事を書いています。 僕は、窪美澄さんはほぼ全作読破! そんな僕がおすすめ本をご紹介しています。 よろしくお願 ...

続きを見る

おすすめ日本人作家・小説家(23)万城目学


鴨川ホルモー 「鴨川ホルモー」シリーズ (角川文庫)

23人目のおすすめは「万城目学」さん。

彼はこんな作家さんとなっています(↓)

  • 「鴨川ホルモー」が漫画化、実写映画化
  • 「プリンセス・トヨトミ」が映画化
  • 「偉大なるしゅららぼん」が映画化
  • 「鹿男あおによし」が漫画化、テレビドラマ化

こんな感じでこちらも日本を代表する作家さん。

奇想天外ワールドを楽しみたい方におすすめです。

万城目学おすすめ本ランキング14選!【奇想天外ワールドを楽しもう】

こんにちは。 彩人です。 「万城目学でおすすめ作品が知りたい!」 今日はこんな方向けに記事を書いています。 僕は万城目さんのファン歴、10数年! 万城目作品は、ほぼ全作品読破しました。 そんな僕がおす ...

続きを見る

おすすめ日本人作家・小説家(24)又吉直樹


火花 (文春文庫)

24人目のおすすめは「又吉直樹」さん。

彼はこんな作家さんとなっています(↓)

  • 「火花」で芥川賞受賞
  • 「火花」が239万部突破、映画化
  • 「劇場」が映画化
  • 「人間」は初の長編小説

こんな感じであの又吉さんが小説を出版!

「火花」が大ヒットし、話題となりました。

人気芸人作家さんからお探しの方におすすめです。

おすすめ日本人作家・小説家(25)住野よる


君の膵臓をたべたい (双葉文庫)

25人目のおすすめ作家さんは「住野よる」さん。

住野さんはこんな作家さんとなっています(↓)

  • 「君の膵臓を食べたい」が映画化、アニメ化
  • 「また同じ夢を見ていた」が漫画化
  • 「青くて痛くて脆い」が映画化、50万部突破

こんな感じで今、若者の間で人気の作家さん。

デビュー作「キミスイ」が話題となりました。

現代作家さんからお探しの方におすすめです。

住野よるおすすめ人気小説ランキング9選!【売上げから見る人気作】

こんにちは。 彩人です。 「住野よるさんのおすすめ小説ってあるかな?」 今日はこんな方向けに、記事を書いています。 僕は住野作品は、ほぼ全冊読破!! そんな僕がおすすめ小説をご紹介しています。 よろし ...

続きを見る

おすすめ日本人作家・小説家(26)荻原浩


海の見える理髪店 (集英社文庫)

26人目の作家さんは「荻原浩」さん。

彼はこんな作家さんとなっています(↓)

  • 「明日の記憶」で山本周五郎賞受賞
  • 「海の見える理髪店」で直木賞受賞
  • 「二七〇〇の夏と冬」で山田風太郎賞受賞

こんな感じのベテラン作家さん。

「明日の記憶」は映画化もされ、話題となりました。

ベテラン作家さんからお探しの方におすすめです。

荻原浩のおすすめ小説ランキング11選!【直木賞受賞作から文庫まで】

こんにちは。 彩人です。 「荻原浩さんのおすすめ小説ってあるかな?」 今日はこんな方向けに記事を書いています。 僕は、荻原浩さんのファン歴20年。 そんな僕が荻原作品をご紹介しています。 よろしくお願 ...

続きを見る

おすすめ日本人作家・小説家(27)村山由佳


ダブル・ファンタジー(上)

27人目のおすすめは「村山由佳」さん。

彼女はこんな作家さんとなっています(↓)

  • 「星々の舟」で直木賞受賞
  • 「ダブル・ファンタジー」が中央公論文芸賞、島清恋愛文学賞、柴田錬三郎賞受賞
  • 「天使の卵-エンジェル・エッグ-が2005年映画化
  • 「風よ あらしよ」で吉川英治文学賞受賞

こんな感じで彼女もベテラン作家さん。

女性の「性」を描き、話題となりました。

恋愛作家さんからお探しの方におすすめです。

【2024年最新】村山由佳の新刊・新作が1月26月に発売決定!!

こんにちは。 彩人です。 「村山由佳さんの新刊っていつ出るのかな?」 今日はこんな方向けに記事を書いています。 僕は村山由佳の読者歴25年! そんな僕が村山由佳さんの新刊情報について書いています。 よ ...

続きを見る

おすすめ日本人作家・小説家(28)小川糸


食堂かたつむり (ポプラ文庫 お 5-1)

28人目のおすすめは「小川糸」さん。

彼女はこんな作家さんとなっています(↓)

  • 「食道かたつむり」が82万部突破、映画化
  • 「つるかめ助産院」がドラマ化
  • 「ツバキ文具店」がドラマ化
  • 「ライオンのおやつ」が本屋大賞2位

こんな感じでやさしい作風が特徴の作家さん。

読みやすい作家さんからお探しの方におすすめです。

おすすめ日本人作家・小説家(29)小川洋子


博士の愛した数式(新潮文庫)

29人目のおすすめは「小川洋子」さん。

彼女はこんな作家さんとなっています(↓)

  • 「妊娠カレンダー」で芥川賞
  • 「博士の愛した数式」で本屋大賞、読売文学賞
  • 「ブラフマンの埋葬」で泉鏡花文学賞
  • 「ミーナの行進」で谷崎潤一郎賞
  • 「ことり」で芸術選奨文部科学大臣賞

こんな感じの大御所作家さん。

ノーベル賞候補にも名前があがっています。

文学的作家さんからお探しの方におすすめです。

おすすめ日本人作家・小説家(30)上橋菜穂子


獣の奏者 I闘蛇編 (講談社文庫)

30人目のおすすめは「上橋菜穂子」さん。

彼女はこんな作家さんとなっています(↓)

  • 「精霊の守り人」で日本児童文学協会賞
  • 「獣の奏者」でマイケル・L・プリンツ賞受賞
  • 「鹿の王」で本屋大賞受賞
  • 国際アンデルセン賞作家賞受賞

こんな感じでファンタジー要素たっぷりの作家さん。

「鹿の王」はラジオドラマ化、アニメ化され話題となりました。

ファンタジー作家さんからお探しの方におすすめです。

おすすめ日本人作家・小説家(31)貫井徳郎


後悔と真実の色

31人目のおすすめは「貫井徳郎」さん。

彼はこんな作家さんとなっています(↓)

  • デビュー作「慟哭」で50万部突破
  • 「後悔と真実の色」で山本周五郎賞受賞
  • 「乱反射」で日本推理作家協会賞受賞

こんな感じで彼もベテランの作家さん。

直木賞にも4回、候補にあがっています。

隠れた人気を持つ作家さんからお探しの方におすすめです。

おすすめ日本人作家・小説家(31)西村賢太


苦役列車(新潮文庫)

31人目のおすすめは「西村賢太」さん。

彼はこんな作家さんとなっています(↓)

  • 私小説作家
  • 「苦役列車」で芥川賞受賞
  • 2022年、惜しまれながらも逝去
  • 「暗渠の宿」で野間文芸新人賞受賞

こんな感じの私小説作家さん。

著者の自由奔放な生き様を楽しむことができます。

私小説作家さんからお探しの方におすすめです。

西村賢太おすすめ小説7選!【代表作&最高傑作&読む順番はこれ!】

こんにちは。 彩人です。 「西村賢太のおすすめ作品ってあるかな?」 「西村賢太の代表作って何だろう?」 今日はこんな方向けに記事を書いています。 僕は西村賢太の読者歴読者歴12年! そんな僕がおすすめ ...

続きを見る

おすすめ日本人作家・小説家(32)桐野夏生


OUT(アウト)

32人目のおすすめ作家さんは「桐野夏生」さん。

彼女はこんな作家さんとなっています(↓)

  • 「OUT」で日本推理作家協会賞受賞
  • 「OUT」が米・エドガー賞最終候補
  • 「柔らかな頬」で直木賞受賞
  • 「グロテスク」で泉鏡花文学賞受賞
  • 「魂萌え!」で婦人公論文芸賞受賞
  • 「ナニカアル」で読売文学賞受賞
  • 「燕は戻ってこない」で毎日芸術賞受賞

こんな感じの超ベテラン作家さん。

数々の文学賞を受賞し、話題となりました。

ベテラン女流作家さんからお探しの方におすすめです。

おすすめ日本人作家・小説家(33)柚木麻子


BUTTER(新潮文庫)

33人目のおすすめは「柚木麻子」さん。

彼女はこんな作家さんとなっています(↓)

  • 「ランチのアッコちゃん」がドラマ化
  • 「ナイルパーチの女子会」が山本周五郎賞受賞
  • 「BATTER」「マジカルグランマ」で直木賞候補

こんな感じで「アッコちゃんシリーズ」で一躍話題に。

話題の女性作家さんからお探しの方におすすめです。

おすすめ日本人作家・小説家(34)平野啓一郎


マチネの終わりに(文庫版) (コルク)

34人目のおすすめは「平野啓一郎」さん。

彼はこんな作家さんとなっています(↓)

  • 「日蝕」で芥川賞受賞
  • 「決壊」で芸術選奨文部科学大臣賞受賞
  • 「ドーン」でドゥマゴ賞受賞
  • 「マチネの終わりに」は映画化

こんな感じでとても文学的な作家さん。

三島由紀夫の再来として話題になりました。

文学的作家さんからお探しの方におすすめです。

おすすめ日本人作家・小説家(35)冲方丁


天地明察(特別合本版) (角川文庫)

35人目の作家さんは「冲方丁」さん。

彼はこんな作家さんとなっています(↓)

  • 日本SF大賞受賞
  • 「天地明察」で本屋大賞、吉川英治文学新人賞受賞
  • 「光圀伝」で山田風太郎賞受賞
  • 「十二人の死にたい子どもたち」で直木賞候補

こんな感じで歴史小説からSF小説まで作品が多数。

「天地明察」は映画化もされ、話題となりました。

幅広い作風で知られる作家さんからお探しの方におすすめです。

おすすめ日本人作家・小説家(36)三浦しをん


まほろ駅前多田便利軒 (文春文庫)

36人目のおすすめは「三浦しをん」さん。

彼女はこんな作家さんとなっています(↓)

  • 「まほろ駅前多田便利軒」で直木賞受賞
  • 「舟を編む」で本屋大賞受賞
  • 「ののはな通信」で島清恋愛文学賞、河合隼雄物語賞受賞

こんな感じでやさしい作風が特徴。

「舟を編む」は映画化もされ、話題となりました。

確実な作家さんからお探しの方におすすめです。

三浦しをんの新刊は5月31日発売!今年は「墨のゆらめき」他2冊!

こんにちは。 彩人です。 「三浦しをんさんの新刊っていつ出るのかな?」 今日はこんな方向けに記事を書いています。 僕は三浦しをんさんの読者歴15年! そんな僕がしをんさんの新刊情報を書いています。 よ ...

続きを見る

おすすめ日本人作家・小説家(37)椎名誠


アド・バード (集英社文庫)

37人目の作家さんは「椎名誠」さん。

彼はこんな作家さんとなっています(↓)

  • 私小説家、エッセイスト
  • 「アド・バード」で日本SF大賞受賞
  • 「犬の系譜」で吉川英治文学新人賞

こんな感じで私小説、エッセイストとして活躍。

「岳物語」「赤マントシリーズ」で知られています。

エッセイスト作家さんからお探しの方におすすめです。

おすすめ日本人作家・小説家(38)小野不由美


残穢(ざんえ) (新潮文庫)

38人目のおすすめは「小野不由美」さん。

小野不由美さんとはこんな作家さんです(↓)

  • 「十二国記」で吉川英治文庫賞受賞
  • 「残穢」で山本周五郎賞受賞

こんな感じでホラーとミステリで知られる作家さん。

綾辻行人さんの奥さんとしても知られています。

ラノベ、ホラー作家さんからお探しの方におすすめです。

おすすめ日本人作家・小説家(39)山田宗樹


嫌われ松子の一生(上) (幻冬舎文庫)

39人目のおすすめは「山田宗樹」さん。

彼はこんな作家さんとなっています(↓)

  • 「嫌われ松子の一生」がドラマ化、映画化
  • 「黒い春」がドラマ化
  • 「百年法」が日本推理作家協会賞受賞

こんな感じで山田宗樹さんもベテラン作家さん。

「嫌われ松子の一生」映画化で話題となりました。

ベテラン作家さんからお探しの方におすすめです。

おすすめ日本人作家・小説家(40)白石一文


ほかならぬ人へ (祥伝社文庫)

40人目のおすすめは「白石一文」さん。

彼はこんな作家さんとなっています(↓)

  • 「ほかならぬ人へ」で直木賞受賞
  • 「この胸に深々と突き刺さる矢を抜け」で山本周五郎賞受賞
  • 「1億円のさようなら」がドラマ化
  • 父親は同じく文学者の白石文郎

こんな感じでとても文学寄りの作家さん。

骨太の文体を楽しみたい方におすすめです。

おすすめ日本人作家・小説家(41)天童荒太


永遠の仔(一)再会 (幻冬舎文庫)

41人目の作家さんは「天童荒太」さん。

彼はこんな作家さんとなっています(↓)

  • 「家族狩り」で山本周五郎賞受賞
  • 「永遠の仔」で日本推理作家協会賞受賞
  • 「悼む人」で直木賞受賞
  • 「包帯クラブ」が映画化
  • 「歓喜の仔」が毎日出版文化賞受賞

こんな感じでとても文学的評価の高い作家さん。

きちんとした「小説」からお探しの方におすすめです。

おすすめ日本人作家・小説家(42)朝井リョウ


何者(新潮文庫)

42人目のおすすめは「朝井リョウ」さん。

彼はこんな作家さんとなっています(↓)

  • 「桐島、部活やめるってよ」が映画化、小説すばる新人賞受賞
  • 「何者」が直木賞受賞、映画化
  • 「世界地図の下書き」で第29回坪田譲治文学賞受賞
  • 2021年「正欲」で柴田錬三郎賞受賞

こんな感じの今を代表する作家さん。

比較的若い作家さんからお探しの方におすすめです。

おすすめ日本人作家・小説家(43)石田衣良


4TEEN (新潮文庫)

43人目の作家さんは「石田衣良」さん。

彼はこんな作家さんとなっています(↓)

  • 「池袋ウェストゲストパーク」がオール読物推理新人賞受賞
  • 「4TEEN」で直木賞受賞
  • 「眠れぬ真珠」で島清恋愛文学賞受賞
  • 「北斗 ある殺人者の回心」で中央公論文芸賞受賞

こんな感じで彼もベテラン作家さん。

感性の若い作家さんからお探しの方におすすめです。

おすすめ日本人作家・小説家(44)川上未映子


黄色い家

44人目のおすすめは「川上未映子」さん。

彼女はこんな作家さんです(↓)

  • 「乳と卵」で芥川賞受賞
  • 「ヘブン」で芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞
  • 「夢の夢とか」で谷崎潤一郎賞受賞
  • 「夏物語」で毎日出版文化賞受賞

こんな感じで受賞歴は数知れず。

村上春樹さんとの対談本も話題となりました。

有名な女性作家からお探しの方におすすめです。

おすすめ日本人作家・小説家(45)馳星周


少年と犬 (文春文庫)

45人目のおすすめは「馳星周」さん。

彼はこんな作家さんとなっています(↓)

  • 「不夜城」で吉川英治文学新人賞、日本冒険小説協会大賞受賞
  • 「漂流街」で大藪春彦賞受賞
  • 「少年と犬」で直木賞受賞

こんな感じで「不夜城」が一躍人気となった作家さん。

ベテラン作家さんからお探しの方におすすめです。

おすすめ日本人作家・小説家(46)島本理生


ファーストラヴ (文春文庫)

46人目のおすすめ作家は「島本理生」さん。

彼女はこんな作家さんです(↓)

  • 「リトル・バイ・リトル」で野間新人文芸賞受賞
  • 「シルエット」が群像新人文学賞・優秀賞
  • 「ナラタージュ」が映画化、23万部突破
  • 「Red」で島清恋愛文学賞受賞
  • 「ファースト・ラヴ」で直木賞受賞

こんな感じで今を代表する作家さん。

「ファースト・ラヴ」「ナラタージュ」が代表作。

人気女性作家さんからお探しの方におすすめです。

おすすめ日本人作家・小説家(47)吉本ばなな


キッチン

47番目のおすすめは「吉本ばなな」さん。

彼女はこんな作家さんとなっています(↓)

  • 「キッチン」で泉鏡花文学賞受賞
  • 「サンクチュアリ」で芸術選奨新人賞受賞
  • 「TSUGUMI」で山本周五郎賞受賞
  • 父は哲学者の吉本隆明

こんな感じで彼女も日本を代表する作家さん。

昔からの作家さんをお探しの方におすすめです。

おすすめ日本人作家・小説家(48)綾辻行人


Another【上下合本版】 (角川文庫)

48人目のおすすめは「綾辻行人」さん。

彼はこんな作家さんとなっています(↓)

  • 「時計館の殺人」で日本推理作家協会賞受賞
  • 「深泥丘奇談」で織田作之助賞受賞
  • 「Another」がこのミステリが読みたい1位

こんな感じのミステリー作家さん。

「館シリーズ」「Anotherシリーズ」で知られています。

ベテランミステリ作家さんからお探しの方におすすめです。

おすすめ日本人作家・小説家(49)凪良ゆう


汝、星のごとく

49人目のおすすめは「凪良ゆう」さん。

彼女はこんな作家さんとなっています(↓)

  • 「流浪の月」で本屋大賞受賞
  • 「汝、星のごとく」で2度目の本屋大賞受賞
  • 「わたしの美しい庭」で山田風太郎賞候補

こんな感じで2度も本屋大賞を受賞!

今年の本屋大賞受賞でも話題となりました。

今、人気の作家さんからお探しの方におすすめです。

おすすめ日本人作家・小説家(50)佐藤究


テスカトリポカ (角川書店単行本)

50人目のおすすめは「佐藤究」さん。

彼はこんな作家さんとなっています(↓)

  • 「サージウスの死神」が群像新人文学賞受賞
  • 「QJKJQ」が江戸川乱歩賞受賞
  • 「Ank: a mirroring ape」が大藪春彦賞受賞、吉川英治文学新人賞
  • 「テスカトリポカ」で直木賞、山本周五郎賞受賞

こんな感じで今、大注目の作家さん。

直木賞、山本周五郎賞W受賞でも話題となりました。

今をときめく作家さんからお探しの方におすすめです。

おすすめ日本人作家・小説家(51)今村翔吾


塞王の楯 (集英社文芸単行本)

51人目の作家さんは「今村翔吾」さん。

彼はこんな作家さんとなっています(↓)

  • 「塞王の楯」で直木賞受賞
  • 「八本目の槍」で吉川英治文学新人賞受賞
  • 「じんかん」が週刊朝日・2020年歴史・時代小説1位

こんな感じで歴史小説が有名な作家さん。

去年、直木賞を受賞し話題となりました。

今人気のある、歴史小説家さんからお探しの方におすすめです。

おすすめ日本人作家・小説家(52)今村夏子


星の子 (朝日文庫)

52人目のおすすめは「今村夏子」さん。

彼女は個人的におすすめです(↓)

  • 「あたらしい娘」が太宰治賞受賞
  • 「こちらあみ子」で三島由紀夫賞受賞
  • 「あひる」で河合隼雄物語賞受賞
  • 「星の子」が野間新人文学賞受賞、映画化
  • 「むらさきスカートの女」で芥川賞受賞

こんな感じで彼女も今、大注目の作家さん。

「こちらあみ子」「星の子」は映画化もされました。

純文学作家さんからお探しの方におすすめです。

天才芥川賞作家・今村夏子の作風や特徴を解説!【おすすめ本7選!】

こんにちは。 彩人です。 「今村夏子の作風や特徴、魅力って何だろう?」 今日はこんな方向けに記事を書いています。 僕は年間読書量の9割が小説! そんな僕が解説しています。 よろしくお願いします。 天才 ...

続きを見る

おすすめ日本人作家・小説家(53)吉田修一


横道世之介 (文春文庫)

53人目のおすすめは「吉田修一」さん。

彼も日本を代表する作家さんです(↓)

  • 「最後の息子」で文學界新人賞受賞
  • 「パレード」が山本周五郎賞受賞
  • 「パーク・ライフ」で芥川賞受賞
  • 「悪人」で毎日出版文化賞受賞
  • 「横道世之介」で柴田錬三郎賞受賞
  • 「国宝」で芸術選奨文部科学大臣賞受賞

こんな感じでそうそうたる受賞歴。

「悪人」「横道世之介」の作者としても知られています。

日本を代表する作家さんからお探しの方におすすめです。

吉田修一おすすめ本15選!【傑作から最新作・映画化作品までご紹介】

こんにちは。 彩人です。 「吉田修一の作品のおすすめ本ってあるかな?」 今日はこんな方向けに記事を書いています。 僕は年間読書量の9割が小説! そんな僕が吉田修一さんのおすすめ本について解説しています ...

続きを見る

おすすめ日本人作家・小説家(54)小川哲


地図と拳 (集英社文芸単行本)

54人目のおすすめは「小川哲」さん。

彼はこんな作家さんとなっています(↓)

  • 「ゲームの王国」で日本SF大賞受賞、山本周五郎賞受賞
  • 「地図と拳」で山田風太郎賞、直木賞受賞
  • 「君のクイズ」で日本推理作家協会賞受賞

こんな感じで今、もっとも熱い作家さん。

今年、直木賞も受賞し話題となりました。

今人気の作家さんからお探しの方におすすめです。

おすすめ日本人作家・小説家(55)山田詠美


ぼくは勉強ができない (文春文庫)

最後のおすすめは「山田詠美」さん。

彼女はこんな作家さんとなっています(↓)

  • 「ソウル・ミュージック・ラバーズ・オンリー」で直木賞受賞
  • 「風葬の教室」で平林たい子文学賞受賞
  • 「アニマル・ロジック」で泉鏡花文学賞受賞
  • 「AtoZ」で読売文学賞受賞
  • 「風味絶佳」で谷崎潤一郎賞受賞
  • 「ジェントルマン」で野間文芸賞受賞

こんな感じで彼女もベテランの作家さん。

「AtoZ」はドラマ化もされ話題となりました。

ベテラン作家さんからお探しの方におすすめです。

日本人の有名おすすめ現代作家・小説家まとめ

最後までお読みくださりありがとうございました🙇‍♂️

最近のおすすめ小説はこちらにまとめてあります(↓)

最近(2021〜24年)のおすすめ小説ランキング22選!【話題作】

こんにちは。 彩人です。 「最近のおすすめ小説が知りたい…!」 今日はこんな方向けに記事を書いています。 僕の年間読書量は150〜200冊!! そんな僕が最近出た小説をご紹介しています。 よろしくお願 ...

続きを見る

良かったらこちらもよろしくお願いします。

ではまた。

プロモーション

-おすすめ本